個人情報保護士認定試験の難易度・合格率・試験日など

事務・ビジネス・経営の資格

個人情報保護士認定試験とは、個人情報の適切な管理・運営をするための知識を問う試験で、「財団法人 全日本情報学習振興協会」が実施している民間資格になります。2005年の個人情報保護法全面施行により開始された試験で、2013年現在で累計11万人以上の受験者がチャレンジしています。

試験に合格したら認定カード交付してもらえますが、認定カードの有効期限は2年間になりますので、更新するには更新講習会もしくは、WEB上での更新テストに参加して講習を受講して、更新料を支払う必要があります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 個人情報保護士認定
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 全国各地
試験方法 筆記試験(択一式)
免除科目
合格基準 各科目80%以上の正答率で、尚且つ合計400点以上
受験料 10,800円
登録・更新
問い合わせ (財) 全日本情報学習振興協会
関連資格

事務・ビジネス・経営の資格一覧

試験日程

3月上旬、6月上旬、9月上旬、12月中旬(年4回)

第53回試験

【試験日】2018年12月16日(日)
【申込期間】2018年8月9日~11月8日
【合格発表】試験の約1か月後を目途に発表

第54回試験

【試験日】2019年3月10日(日)
【申込期間】2018年11月15日~1月31日
【合格発表】試験の約1か月後を目途に発表

試験内容

個人情報保護の総論(40問)

【個人情報保護法の背景と取り組み】
個人情報保護法の歴史、個人情報に関連する事件・事故、各種認定制度

【個人情報保護法の理解】
個人情報の定義と分類、個人情報取扱事業者、条文に対する知識と理解

個人情報保護の対策(60問)

【リスク分析】
脅威と脆弱性に対する理解

【組織的・人的セキュリティ】
組織体制の整備、人的管理の実務知識

【情報システムセキュリティ】
技術的管理の実務知識

【オフィスセキュリティ】
物理的管理の実務知識

受験者数・合格率

合格率は40%程

試験の難易度

問題の半数は当たり前の問題が出題されるので難しい試験ではありません。

個人差はありますが毎日1~2時間の勉強時間で1ヶ月程度の勉強期間があれば十分合格に達することができるでしょう。

試験の勉強

公式テキストは試験範囲をほぼ網羅しているので、これ1冊あれば問題ありません。

勉強法 個人情報保護士認定 勉強法(準備中)
テキスト 個人情報保護士認定 公式テキスト
問題集 個人情報保護士認定 公式過去問

資格を活かせる仕事

人材派遣会社のコンサルティングであったり、企業における個人情報を扱う部署であったり活躍できる場所は多数あります。

この資格を取得すると、企業が持っている個人情報に管理方法を導入して、企業が情報漏洩を起こす事が無い様に指導する事が出来ます。

現在、個人情報の保護が何より重要になっている為、個人情報保護士は需要が高くなっています。

中でも個人の消費者を対象として販売事業を行っている企業は、もし個人情報の漏洩があれば、社会的信頼を失う恐れがあります。その為、個人情報保護士は企業の中の個人情報を扱っている部署で、個人情報を管理・監督する任務に当たります。

又、パソコンでデータを管理している企業が殆どですから、パソコンのセキュリティー強化や、データの扱い方に対しても具体的な指導を行っていきます。

企業の社員全員に、個人情報保護に付いての意識改革、危機意識の向上を教育する事も個人情報保護士の大切な仕事の1つです。

企業における個人情報のあり方については、今後の課題になる項目の一つになるので、いずれ個人情報保護士認定取得者が脚光を浴びる日が来るかもしれません。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事