ネットマーケティング検定試験の難易度・合格率・試験日など

ネットマーケティング検定とは

売り上げの向上や顧客満足度の向上、社内の業務を効率化させるのにも役立つ検定とされており、ネットビジネスを拡大させるにあたり、とても重要な役割を果たす知識を持っていることを証明できる資格です。
Webに関する知識や技術とネットマーケティングに関する知識、ネットを活用した経営戦略、他の企業との連携方法などが出題されます。
団体で受験を申し込んでいる企業もありますので、認知度も高くなっている資格です。
Web関連の仕事をしている人は取得すればスキルアップにも繋がるでしょう。

スポンサーリンク

目次

ネットマーケティング検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルIT・パソコン
資格区分なし
受験資格なし
試験日程8月上旬、2月中旬(年2回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
受験料6,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ(株)サーティファイ

スポンサーリンク

ネットマーケティング検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間合格発表
2020年7月19日(日)2月10日~6月28日試験の3週間後
2021年2月14日(日)8月3日~1月24日試験の3週間後

ネットマーケティング検定の試験内容

出題形式

筆記試験(択一選択式[4択])

40問(基本問題30問+事例問題10問)

出題範囲

自社と市場との関係を構築するために必要となるインターネット・マーケティング全般の基本知識・方法論などの保有度を測定

  • インターネットマーケティング総論
  • インターネットマーケティング各論
  • 関連知識

合格点

70%以上の得点率

ネットマーケティング検定の受験者数・合格率

  • 累計受験者数は4,585人(2018年3月31日)
  • 合格率は63%程

ネットマーケティング検定の難易度

参考までにサーティファイ公式サイト内での学習時間の目安は15時間です。

実務経験の無い学生でも簡単に取得できてしまう様な資格なので、IT資格の中でもかなり簡単な部類に入ります。

プログラミングやWEB作成に関する基礎も幅広く出題されるので、これからWEB業界に携わりたい学生や、異業種から転職を目指す方にお勧めできる資格です。

どれぐらいの難易度か気になる方は、サーティファイのHP内で同等レベルのサンプル問題をダウンロードすることができるので、気になる方は一度チャレンジしてみて下さい。

ネットマーケティング検定の勉強法

公式テキスト」があるので勉強はやりやすいと思います。

公式テキストを購入する前に、まずは試験と同レベルのサンプル問題を解いてみて、どれぐらい解けるか試してみましょう。

資格を活かせる仕事

基本情報技術者試験や応用情報技術者試験に比べると、資格の認知度も全然違うし、そもそも難易度がかなり低くなるので、この資格を取得したからと言って就職や転職で有利になることはあり考えない方が良いでしょう。

先ほども言いましたが、WEBに関する幅広い知識が出題されるので、これからWEB業界を目指す方には取得しておいて損はないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる