MENU

インターネット検定試験の難易度・合格率・試験日など

2020 6/26
インターネット検定試験の難易度・合格率・試験日など
インターネット検定とは

NTTコミュニケーションズが実施する検定で、ドットコムマスターの名で知られています。
資格区分は二つあり、ベーシックの場合はご都合に合わせた日時で、全国160か所あるテストセンターでも受検することもできますし、インターネットが接続できる環境さえあれば365日24時間、ご自宅からの受検も可能です。
これまで40万人もの方が受検され、インターネット関連団体からも推薦をもらっている検定です。
アドバンスについて言えば、v6資格認定も得ています。特定のメーカー、システムに特化した検定ではないというのも大きな特徴です。

スポンサーリンク

目次

インターネット検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルIT・パソコン
資格区分ドットコムマスター アドバンス(シングル・ダブル)、ドットコムマスター ベーシック
受験資格なし
試験日程随時実施
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所全国160カ所のテストセンター(インターネット受験はネット環境のある場所)
受験料【アドバンス】8,800円
【ベーシック 】4,400円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせドットコムマスター(NTTコミュニケーションズ)

【総合評価】(ベーシック)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

インターネット検定の試験内容

出題形式

テストセンター受験(選択式)
インターネット受検(選択式)

出題範囲

  • インターネットの基本技術
  • インターネットへの接続
  • セキュリティ
  • サービス(Webブラウザとメールクライアント含む)の利用と法律

合格点

【ダブルマスター】総合得点が700点以上
【シングルマスター】総合得点が460点以上

インターネット検定の受験者数・合格率

累計受験者は40万人以上。

アドバンスのダブルで25%程、シングルで30%程、ベーシックは60%程の合格率となっています。

インターネット検定の難易度

数あるIT資格の中でもかなり簡単な部類の資格にはなりますが、下位資格であるベーシックにおいては合格率が60%程なので、誰でも簡単に合格できる訳ではありません。

ただ、公式テキストがキチンと存在するので真面目に勉強すれば実務経験が無い学生でも合格することは容易です。

ドットコムマスターのHP内にサンプル問題も掲載されているので、試験のレベルを知りたい方は一度チャレンジしてみて下さい。

インターネット検定のお勧めテキスト

まずは公式テキストを購入しよう

例題演習→要点解説で徹底的に覚える

資格を活かせる仕事

当然ですが、この資格を取得したからと言ってNTTに就職できる訳でも無ければ、IT業界の第一線で活躍を期待できるような資格ではありません。

ただ、様々な企業の中で奨励資格として認知されてきている背景もあるので、就職や転職時に有利になることも十分ありえます。就活や仕事で活かしたいのであればベーシックではなくアドバンスを目指す様にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる