インターネット旅行情報士検定の難易度・合格率・試験日など

IT・パソコンの資格

インターネット旅行情報士検定とは、インターネットを活用して旅行情報を的確に効率的に検索して活用できる能力を問う試験で、「JTB総合研究所」が実施している民間資格になります。

試験は、インターネットの仕組みや検索能力などの基本知識を問う「2級」と、2級の範囲に加えてWebサイトの構築・運用やセキュリティーの知識を問う「1級」に分かれており、どちらでも受験することができます。

この資格を取得したからといって、直接的に就職・転職に有利になる資格ではありませんが、エンドユーザーとしての実務能力を客観的に測ることのできる資格として認知されており、旅行会社社員や旅行業界を目指す学生に大変人気のある資格になります。また、旅行好きの一般の方の実力試しの場としても活用されています。

試験は、100分間のオンライン試験になりますので、インターネット環境のあるパソコンをお持ちであれば、自宅でも受験することができます。試験終了後は、解答だけでなく復習に役立つ詳細な解説を公開していますので、興味のある方は積極的に受験してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 インターネット旅行情報士検定
評価
【2級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、2級
受験資格 誰でも受験できます(但し、インターネット環境のあるパソコンが必要)
試験場所 自宅や会社など
試験方法 オンライン試験
免除科目
合格基準 【1級】合計得点70%以上、かつ分野ごとに70%以上の正答率
【2級】合計得点75%以上、かつ分野ごとに70%以上の正答率
受験料 【1級】5,200円【2級】3,100円
※団体割引あり
登録・更新
問い合わせ 株式会社 JTB総合研究所
関連資格

IT・パソコンの資格一覧

試験日程

5月、11月上旬(年2回)

2018年度試験

【試験日】2018年10月31日(水)~11月9日(金)
【申込期間】2018年9月20日~10月10日
【合格発表】2018年12月上旬

試験内容

1級

  • ネットワーク管理とセキュリティーなどの知識を問う問題
  • Webサイトの構築・運用に関する問題
  • インターネットを使って旅行関連情報の検索能力を問う問題

2級

  • インターネットの仕組み・機能、用語に関する基礎知識問題
  • インターネットを使って旅行関連情報の検索能力を問う問題

受験者数・合格率

合格率は1級で5%程、2級で40%程

試験の難易度

2級は基礎的な知識を確認する為の試験なので難しくありませんが、1級は2級の試験範囲に加えてWebサイトの構築・運用やセキュリティーの専門的な知識が問われるのでかなり難しくなります。

試験の勉強

インターネット旅行情報士検定 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

職場で活かすことは難しいです。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事