MENU

インターネット旅行情報士検定試験の難易度・合格率・試験日など

2020 6/16
インターネット旅行情報士検定試験の難易度・合格率・試験日など
インターネット旅行情報士検定とは

インターネットを活用して旅行情報を的確に効率的に検索して活用できる能力を問う試験です。
試験は、インターネットの仕組みや検索能力などの基本知識を問う「2級」と、2級の範囲に加えてWebサイトの構築・運用やセキュリティーの知識を問う「1級」に分かれており、どちらでも受験することができます。
オンライン試験なので、ネット環境があれば、自宅で受験できます。
旅行業界を目指す学生に人気の資格ですが、旅行好きの一般の方の実力試しの場としても活用されています。

スポンサーリンク

目次

インターネット旅行情報士検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルIT・パソコン
資格区分1級、2級
受験資格なし(但し、インターネット環境のあるパソコンが必要)
試験日程5月、11月上旬(年2回)
試験方法100分間のオンライン試験
免除科目なし
試験場所自宅や会社など
受験料【1級】5,300円【2級】3,200円
※団体割引あり
登録・更新1級は認定から2年間有効
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ株式会社 JTB総合研究所

【総合評価】(2級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

インターネット旅行情報士検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間
2020年5月12日~5月21日~4月9日

インターネット旅行情報士検定の試験内容

出題範囲

  • ネットワーク管理とセキュリティーなどの知識を問う問題
  • Webサイトの構築・運用に関する問題
  • インターネットを使って旅行関連情報の検索能力を問う問題

合格点

【1級】合計得点70%以上、かつ分野ごとに70%以上の正答率
【2級】合計得点75%以上、かつ分野ごとに70%以上の正答率

インターネット旅行情報士検定の受験者数・合格率

合格率は1級で5%程、2級で40%程

インターネット旅行情報士検定の難易度

2級は基礎的な知識を確認する為の試験なので難しくありませんが、1級は2級の試験範囲に加えてWebサイトの構築・運用やセキュリティーの専門的な知識が問われるのでかなり難しくなります。

インターネット旅行情報士検定のテキスト

旅行業プロのためのインターネット活用術(公式サイト)

資格を活かせる仕事

この資格を取得したからといって、直接的に就職・転職に有利になる資格ではありませんが、エンドユーザーとしての実務能力を客観的に測ることのできる資格として認知されており、旅行会社社員や旅行業界を目指す学生に大変人気のある資格になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる