ネットショップ実務士試験の難易度・合格率・日程など

IT(パソコン)の資格

ネットショップ実務士は、一般財団法人ネットショップ能力認定機構が認定する資格です。

イーコマースとも呼ばれるネットショップで働くために必要な能力があることをその事業者に証明するための資格です。

この資格には、レベル1、2、3という3つのレベルがあります。レベル1と2は特に受験資格はありませんが、一番上の資格であるレベル3を受験するには、有料ネットショップでの実務経験が求められ、現在のところ、レベル2取得者のみに受験を限定しています。

この資格の基本となるレベル3の試験は、ネットショップを運営するのに必要な知識や、プロモーション能力などが見られます。

レベル3の段階で通常業務がきちんとできることが求められます。また、試験の結果というものは、気になるものですが、こちらの試験、即日その場で結果が分かります。

さすがにスピード重視のネットショップ関連の資格です。おそらくこれから益々ネットショップ産業は必要とされることと思います。時流を逃さないために、早めの取得をお勧めします。

検定の申し込みはこちらから

スポンサーリンク

基本情報

資格名 ネットショップ実務士
評価
【レベル1】
資格種別 民間資格
資格区分 レベル1・レベル2・レベル3
受験資格 【レベル1・2】誰でも受験できます
【レベル3】レベル2取得者
試験場所 全国各地のテストセンター
試験方法 コンピューター試験(CBT方式)
免除科目
合格基準
  • 全70問中49問以上の正答率
  • 合格評価カテゴリごとに50%以上の正答率
受験料 【レベル1】7,000円
【レベル2】7,500円
【レベル3 】7,000円
問い合わせ ネットショップ能力認定機構

試験日程

試験は随時実施されます。

試験内容

レベル1

「ネットショップ検定 公式テキスト ネットショップ実務士 レベル1対応」の内容から出題されます。(4択・70問・マークシート・80分)

  • ネットショップのビジネス環境
  • 小売業の分類と特徴
  • ネットショップの位置づけ
  • ネットショップの動向
  • ネットショップの出店形態と特徴
  • ネットショップ実務の共通知識
  • ネットショップ事業の準備
  • ネットショップの制作
  • ネットショップのプロモーション
  • ネットショップの運用
  • 社会人としての基礎知識

受験者数・合格率

調査中

試験の難易度

試験範囲がかなり限定的なこともあり、他のWEB資格と比べても試験の難易度としてはかなり低いです。

試験の勉強

主に「改訂版ネットショップ検定公式テキスト」から出題されるので勉強はやりやすいと思います。

とにかく問題の傾向を掴んで繰り返し問題を解いていくことをお勧めします。

勉強法 準備中
テキスト 改訂版ネットショップ検定公式テキスト
通信講座  –

資格を活かせる仕事

ネットショップを運営する際のスキルアップとして取得するのはいいですが、かなりマイナーな資格になるので、この資格を取得したからと言って就職活動で劇的に有利になることはありません。

就・転職で使えるWEB系の資格取得を検討されているのであれば、企業認知度の高い「ウェブ解析士」の取得を先に目指した方がいいです。

ちなみにウェブ解析士の方が難易度は高いので、ウェブ解析士の資格を取得することができればネットショップ実務士の資格取得は容易です。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事