接客サービスマナー検定試験の難易度・合格率・日程など

事務の資格
接客サービスマナー検定は、NPO法人日本サービスマナー協会が認定する資格です。

接客サービスに関する知識や技能を見る試験で、1級、準1級、2級、3級の4段階のレベルがあります。1

級から3級まで共通してあるのは筆記試験で、1級と準1級にだけ面接による実技試験があります。1級と準1級受験者で筆記試験に合格し、実技試験に不合格した者は、筆記試験が1年間、免除されます。

世界が国際化するにつれて、接客サービスにおいてもその国際化が進んでいます。また、SNSなどを使い、すぐに情報が拡散してしまう今日において、サービスの現場での対応が善し悪しが、すぐにその後の仕事に影響を及ぼしてしまいます。

そのため、なかなかイメージしにくいクレーム対応の仕方についても、事前に勉強しておく必要があります。

接客サービスが必要となる業界は、販売、飲食、旅行、航空、ブライダル、教育など多種多様です。受験資格は特にないので、接客が必要な業界への就職を希望している方は、受験を検討されると良いでしょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 接客サービスマナー検定
評価
【3級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級・準1級・2級・3級
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 全国主要都市(14会場)
試験方法 【1級・準1級】筆記試験、実技試験
【2級・3級】筆記試験
免除科目
合格基準 【1級】
<筆記試験>100点満点中75点前後
<実技試験>個人面接・シチュエーションに基づくロールプレイング実技を合計して60%以上のポイント取得
【準1級】
<筆記試験>100点満点中60~65点
<実技試験>グループ面接(相対評価)・シチュエーション実技(絶対評価)を合計して60%以上のポイント取得
【2級】
<筆記試験>100点満点中60~65点
【3級】
<筆記試験>100点満点中70点前後
受験料 【1級】12,000円【準1級】9,000円
【2級】7,000円【3級 】5,000円
問い合わせ NPO法人 日本サービスマナー協会

試験日程

5月中旬、8月上旬、11月中旬、2月中旬(年4回)

第43回試験

【試験日】2019年2月17日(日)
【申込期間】2018年11月5日~1月16日
【合格発表】2019年3月6日

第44回試験

【試験日】2019年5月12日(日)
【申込期間】2019年2月18日~4月12日
【合格発表】2019年5月31日

第45回試験

【試験日】2019年8月4日(日)
【申込期間】2019年5月13日~7月4日
【合格発表】2019年8月26日

試験内容

1級

筆記試験(65問 80分)+実技試験

準1級

筆記試験(65問 80分)+実技試験

2級

筆記試験(54問 60分)

3級

筆記試験(50問 60分)

合格率

  • 1級:15%程
  • 準1級:45%程
  • 2級:50%程
  • 3級:60%程

試験の難易度

試験の受講対象者として

  • 1級:接客サービスのプロとして経営の立場からも考えることができるレベル
  • 準1級:接客サービスマナーの能力を知識だけでなく行動できるレベル
  • 2級:接客サービスマナー能力の基本が求められるレベル
  • 3級:社会人や高校生が自分のマナー知識・能力を試すのに適したレベル

とされています。

3級でも60%前後の合格率しかないことから難しいと感じる方もいますが、過去問を見る限り社会人であれば、知ってて当たり前のマナー問題が中心になるので、難易度としてはかなり簡単です。

試験の勉強

日本サービスマナー協会から出版されている過去問がありますので、そちらを中心に勉強を進めていけばいいでしょう。

勉強法 準備中
テキスト 接客サービスマナー検定 過去問題集
通信講座 接客サービスマナー検定取得講座

資格を活かせる仕事

特定の職種で直接的に活かすことができる資格ではありませんが、接客サービスを身につけることにより、販売業やサービス業、営業など様々な職種でプラスに働くので、接客が必要な職種や業界に従事されている方はぜひ取得を考えて欲しいです。

またあまりメジャーな資格ではありませんが、履歴書に書くことにより「接客が好きな人」と印象付けることができるので、就活中の学生さんにもお勧めの資格です。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★★5

名無し 20代女性(会社員)
2018年5月29日

接客サービスマナー検定
この検定は初めての挑戦で、今回は2級を受験しました。参考書は三省堂で購入し使った参考書はその一冊だけです。受験する級の過去問を答えが暗記できるくらいまで解けば合格できると思います。私は2回解き直しました。調べながら解いていくので、自然と力になっていきます。サービス接遇や秘書検定と違う所は英語の穴埋め問題や並べ替えがある所です。ぜひ参考にして頂ければと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事