介護事務管理士試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

介護事務管理士の資格は、技能認定振興協会(JSMA)が実施・管理している、介護報酬請求に関する知識を証明するための技能認定試験になります。

試験内容は、学科と実技があり、学科では介護報酬計算などの介護報酬請求に関する知識を問う問題が出題されます。一方、実技では、介護給付費明細書(レセプト)の点検作成や、介護給付費明細書の作成することで技能を問われます。

この認定試験に合格することで、「介護事務管理士」として認定され、就職や転職の際に有効になります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名介護事務管理士
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル介護・福祉
資格区分なし
受験資格なし
試験日程奇数月の第4土曜日 (年6回実施)
試験場所全国各地(通信講座経由なら自宅受験も可能)
試験内容筆記試験(択一式[10問])、実技試験(レセプト作成・点検)
免除科目
合格点【筆記試験】100点中で70点以上
【実技試験】各問題50%以上で尚且つ全て合計で70%以上
※筆記と実技両方クリアで合格
受験料6,500円
登録・更新
口コミ4件口コミ投稿
問い合わせJSMA技能認定振興協会
関連資格医療事務管理士ケア クラーク福祉事務管理技能検定

試験内容

テキストや資料の持ち込みが可能です。電卓も持ち込み可能ですが、電子手帳などの電子機器は持ち込み不可です。

筆記試験

  • 法規(介護保険制度、介護報酬の請求についての知識)
  • 介護請求事務(介護給付単位数の算定、介護報酬明細書の作成、介護用語についての知識)

実技試験

  • レセプト点検問題(1問)
  • レセプト作成問題(2問)

受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2017/758.5%
2017/567.3%
2017/356.9%
2017/150.9%
2016/1162.2%
2016/91,200人61.9%
2016/71,453人53.1%
2016/51,306人63.9%
2016/31,336人57.3%
2016/11,273人50.8%
2015/111,604人44.3%

試験の難易度

誰でも受験できる中で、半数ぐらいの受験者が合格している点を見るとそれほど難しい試験ではありません。

ただ、実技試験に関しては決められた時間の中でレセプト作成・点検の問題をクリアしていかなければいけないので、ある程度問題をこなして慣れておく必要があるので、受験を志してすぐに合格できるほど甘い試験ではありません。

試験の勉強法

鬼門になるのは実技試験なので、とにかく沢山のレセプトを書くことが重要です。

勉強法介護事務管理士 勉強法
テキスト介護事務管理士 テキスト
問題集介護事務管理士 過去問

資格を活かせる仕事

介護事務員として介護施設などで活躍することができます。

介護事務管理士の仕事に関しては、姉妹サイト「職業探しの広場(介護事務員)」で詳しく説明しています

受験者の口コミ

ユーキャンの講座で取りました。受講開始時は職場の同僚が精神的に病んでる人が多くたびたび嫌がらせを受けてイマイチモチベーションが上がらず勉強は投げ出してました。その後今の会社に転職して特に問題無い職場だったので士気を取り戻し受講期間ギリギリで取りました。
今の所資格は評価されてませんし直接介護する職員に取ってはややマイナーな論点が多いです。管理職に昇進したりケアマネを取得したりするなら役に立つのではと思います。(30代男性 会社員)
昨年(2014年)の11月に行われた介護事務管理士の試験で取得しました。今まで介護に関係のないサービス業をしていました。今までに取得した資格は、サービス接遇検定準1級、秘書検定1級です。介護に興味を持ち、かといって現場仕事は体力的にも難しいので、介護事務管理士を取得することを決めました。現在転職活動中ですが、この資格だけでは厳しいです。(30代男性 会社員)
もともと、老人ホームでホームヘルパーとして働いてきましたが、体力面で業務を遂行するのが厳しくなったので、事務職の転職で有利になるであろう「介護事務管理士」の資格を取得しました。
現在働きながら事務職希望で転職活動していますが、やはり事務職は女性の方が圧倒的に有利になるらしく40を過ぎたおっさんには厳しいですね。(40代男性 会社員)
医療事務の資格を持っていましたので、案外簡単に取得することができました。今は調剤薬局で勤務していますが、ゆくゆくはヘルパーステーションなど、福祉の世界で仕事ができればと思っています。ですので、今は介護事務管理士の恩恵をまだ受けていません・・・(30代女性 会社員)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

介護・福祉の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました