3R・低炭素社会検定試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

3Rは、Reduce、Reuse、Recycleの頭文字をとった言葉で、環境問題を考える上で重要視しなければいけない問題である。一方、低炭素社会は、地球温暖化が加速していく中で、二酸化炭素の排出を抑える社会を目指した理念で、こちらも環境問題を考える上で、重要にしなければいけない問題です。

3R・低炭素社会検定とは、これらの知識を問う検定試験で、「3R・低炭素社会検定 検定事務センター」が実施している民間資格になります。試験は、「3R部門」と「低炭素社会部門」に分かれており、それぞれで専門知識を要します。

勉強法としては、公式テキストをきっちりこなせば難なく合格できるレベルです。受験資格はありませんので、環境問題に関心のある方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

基本情報

資格名3R・低炭素社会検定
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル環境・自然
資格区分3R、低炭素
受験資格なし
試験日程11月中旬(年1回)
試験場所仙台、東京、名古屋、金沢、京都、大阪、兵庫岡山、広島、福岡、佐賀
試験内容筆記試験:択一式(100問)
免除科目
合格点100点満点中約70点以上
※試験難易度により異なる
受験料【3R部門・低炭素社会部門のどちらかを受験】4,320円
【3R部門・低炭素社会部門の両部門を受験】5,400円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ3R・低炭素社会検定 検定事務センター
関連資格

試験日

第12回試験

【試験日】2019年11月10日(日)
【申込期間】2019年8月1日~10月14日
【合格発表】2019年12月末

試験内容

公式テキストと問題集を中心に出題

受験者数・合格率

3R

時期受験者数合格率
2017年186人85.5%
2016年245人78.8%
2015年250人79.2%
2014年265人79.2%
2013年417人78.4%
2012年343人73.8%

低炭素

時期受験者数合格率
2017年133人83.5%
2016年205人82.9%
2015年200人79.5%
2014年210人78.6%
2013年304人79.0%
2012年261人75.9%

試験の難易度

受験資格がない中で、毎年8割近くの合格者が出ている資格なので簡単と言えるでしょう。

試験の勉強法

勉強法3R・低炭素社会検定 勉強法
テキスト3R・低炭素社会検定 公式テキスト

資格を活かせる仕事

調査中

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

環境・自然の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました