公害防止管理者試験の難易度・合格率・試験日など

環境・自然の資格

公害防止管理者とは、工場から排出される汚水、ばい煙、粉塵、振動、騒音など、周囲に公害を発生する恐れのある要因を未然に防ぐために、活躍するスペシャリストになります。

特定工場における公害防止組織の整備に関する法律」で、エネルギー産業などの指定工場において「公害防止組織」の設置が義務付けられていますので、該当企業内での、公害防止管理者の必要性はかなり高くなります。

公害防止管理者の資格を取得する方法として、試験を受ける他に、「公害防止管理者等資格認定講習」で取得することも可能なので、学力に自身のない方や、しっかりと知識を身につけたい方は、講習を受けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 公害防止管理者
評価
資格種別 国家資格(必置資格)
資格区分 大気関係第1種~4種、水質関係第1種~4種、一般粉じん、特定粉じん、騒音・振動関係、ダイオキシン類関係、公害防止主任管理者
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 札幌、仙台、東京、愛知、大阪、広島、高松、福岡、那覇
試験方法 筆記試験(五者択一式)
免除科目 不合格だった場合でも、合格基準に達した科目があれば、その科目は免除(科目合格制度
※合格してから3年以内
合格基準 各科目60%以上の正解率
受験料  6,400円、6,800円
※受験区分により異なる
登録・更新
問い合わせ 一般社団法人 産業環境管理協会 
関連資格

国家資格一覧 ・環境・自然の資格一覧

試験日程

10月上旬(年1回)

2018年度試験

【試験日】2018年10月7日(日)
【申込期間】2018年7月2日~31日
【合格発表】2018年12月中旬

試験内容

試験科目/試験区分 大気1種 大気2種 大気3種 大気4種
公害総論
大気概論
大気持論
粉じん理論
大気有機物質持論
大規模大気持論
試験科目/試験区分 水質1種 水質2種 水質3種 水質4種
公害総論
水質概論
汚染処理持論
水質有機物持論
大規模水質持論
試験科目/試験区分 特定粉じん 一般粉じん
公害総論
大気概論
粉じん理論
一般粉じん理論
試験科目/試験区分 騒音振動 ダイオキシン 主任
公害総論
騒音・振動概論
騒音・振動持論
ダイオキシン類概論
ダイオキシン類持論
大気・水質概論
大気関係技術持論
水質関係技術持論

公害総論

環境基本法及び環境関連法規の概要、特定工場における公害防止組織の整備に関する法律体系、環境問題全般、環境管理手法、国際環境協力

大気概論

大気汚染防止対策のための法規制、大気汚染の現状、大気汚染の発生機構、大気汚染による影響、国又は地方公共団体の大気汚染防止対策

大気特論

燃料、燃焼計算、燃焼方法及び燃焼装置、排煙脱硫技術、窒素酸化物排出防止技術、測定

ばいじん・粉じん特論

処理計画、集じん装置の原理、構造及び特性、集じん装置の維持・管理、一般粉じん発生施設と対策、特定粉じん発生施設と対策、測定、ばいじん・粉じんの測定

ばいじん・一般粉じん特論

処理計画、集じん装置の原理、構造及び特性、集じん装置の維持・管理、一般粉じん発生施設と対策、ばいじん・粉じんの測定

大気有害物質特論

有害物質の発生過程、有害物質処理方式、特定物質の事故時の措置、有害物質の測定

大規模大気特論

拡散現象一般、拡散濃度の計算法、大気関係環境影響評価のための拡散モデル、大気環境濃度の予測手法、大規模設備の大気汚染防止対策の事例

水質概論

水質汚濁防止対策のための法規制、水質汚濁の現状、水質汚濁の発生源、水質汚濁の機構、水質汚濁の影響、国又は地方公共団体の水質汚濁防止対策

汚水処理特論

汚水等処理計画、物理・化学的処理法、生物的処理法、汚水等処理装置の維持・管理、測定

水質有害物質特論

有害物質の性質と処理、有害物質含有排水処理施設の維持・管理、有害物質の測定

大規模水質特論

水質汚濁物質の挙動、処理水の再利用、大規模設備の水質汚濁防止対策の事例

騒音・振動概論

騒音対策のための法規制、騒音公害の現状と施策、主要な騒音発生源、騒音の感覚、騒音の影響・評価と基準、音の性質、振動対策のための法規制、振動公害の現状と施策、主要な振動発生源、振動の感覚及び評価、振動の影響、振動の性質、dB についての計算、低周波音

騒音・振動特論

騒音防止技術、騒音の測定技術、振動防止技術、振動の測定技術

ダイオキシン類概論

ダイオキシン類対策のための法規制、ダイオキシン類問題の背景、ダイオキシン類排出の現状、ダイオキシン類の性質、ダイオキシン類汚染の発生機構、ダイオキシン類汚染による影響、国又は地方公共団体のダイオキシン類汚染防止対策

ダイオキシン類特論

大気関係ダイオキシン類対策、大気関係ダイオキシン類対象施設、水質関係ダイオキシン類対策、水質関係ダイオキシン類対象施設、測定

大気・水質概論

大気汚染防止対策のための法規制、大気汚染の現状、大気汚染の発生機構、大気汚染による影響、国又は地方公共団体の大気汚染防止対策、水質汚濁防止対策のための法規制、水質汚濁の現状、水質汚濁の発生源、水質汚濁の機構、水質汚濁の影響、国又は地方公共団体の水質汚濁防止対策

大気関係技術特論

燃料、燃焼計算、燃焼方法及び装置、排煙脱硫技術、窒素酸化物排出防止技術、測定

水質関係技術特論

汚水等処理計画、物理・化学的処理法、生物的処理法、汚水等処理装置の維持・管理、測定、水質汚濁物質の挙動、処理水の再利用、大規模設備の水質汚濁防止対策の事例

受験者数・合格率

時期 受験者数 合格率
2017年 24,332人 24.8%
2016年 24,690人 25.8%
2015年 25,562人 25.5%
2014年 25,989人 25.0%
2013年 27,328人 19.8%

試験の難易度

合格率は毎年20%程しかなく、試験難易度は高いです。ただ、一つの科目を合格すると、3年間の間、合格した科目については免除になりますので、複数回に渡って受験される受験者が多いです。

試験は、13の区分が存在し、自分の目的に合った内容を選択して受講することになります。

試験の勉強

勉強法 公害防止管理者 勉強法
テキスト 公害防止管理者 テキスト
問題集 公害防止管理者 問題集

資格を活かせる仕事

製造業やエネルギー供給業などの指定工場に設置されている「公害防止組織」で活躍することができます。その他にも、近年民間企業に委託している、上下水道施設などに就職している人の割合も増えてきています。

ただ、公害防止管理者の資格を取得したからとって、就職や転職に直結することは考えにくいので、環境関連の知識を蓄えるスキルアップの為の資格と考えておいてください。

公害防止管理者の収入

勤める企業によって収入は大きく変わりますので、公害防止管理者としての収入はどの程度になるのかは難しいですが、専門的な知識が必要になる分野になりますので、一般的な製造業の平均収入より、若干高い水準になると思われます。

受験者の口コミ

お勧め度 ★☆☆☆☆1

あつし 20代男性(会社員)
2015年11月20日

飽和状態
公害防止管理者は必置資格ですが、今は比較的飽和状態になっていますので、公害防止管理者の資格を持っているからといって転職に有利になることはあまりないです。
私も水質一種、大気一種を取得しましたが、勉強になったという以上のメリットは感じられません・・・

お勧め度 ★★★★☆4

かつらぎ 40代男性(会社員)
2015年7月5日

講習でもとれる
公害防止管理者の資格は、講習でもとれるので、資格としての価値はあまり無いように思います。会社で必要であれば、従業員に講習で取らせれば済む話ですからね 。
ただ、学生さんは取っておくことで、環境に対してある程度知識があると認識されるので、就職に有利になるかもしれませんね。

お勧め度 ★★★★★5

たか 40代男性(会社員)
2014年10月15日

2年前に全種取得
勉強法としては、過去問(6年分)をみっちり解きながら、オーム社の大気関係攻略テキストをこなしつつ、kougai.netからダウンロードできる問題をせっせとこなしていきました。
マークシート式だし、科目60%取れれば合格できるので、3ヶ月も勉強すれば独学でも充分取得できます。

お勧め度 ★★★★☆4

でん 40代男性(会社員)
2014年2月1日

独学で大丈夫
公害防止管理者の試験は独学で大丈夫です。難易度はそこそこ高いと思いますが、試験は科目合格制なので、コツコツ勉強していけば難なく合格できます。
基本は過去問をこなしつつ、気に入った参考書1冊あれば大丈夫です・・・多分(笑)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事