東京都公害防止管理者試験の難易度・講習内容・日程など

環境の資格
公害防止管理者は、東京都のみで実施している資格で、中小企業で環境確保条例によって、郊外発生のリスクを伴う工場において、公害を防止する管理者としての知識を問う試験になります。

東京都公害防止管理者になるのは、東京都公害防止管理者講習を受講して、尚且つ修了テストに合格しなければいけません。

試験は一種と二種があり、それぞれで講習科目は同じですが、受験資格が異なります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 東京都公害防止管理者
評価
資格種別 公的資格
資格区分 一種、二種
受験資格 下記参照
講習場所 東京都
試験方法 講習
免除科目
合格基準 不明
受験料 【一種】8,200円【二種】5,700円
問い合わせ 環境局環境改善部計画課 公害防止管理者担当 

講習日

講習は年1回実施されます。

【一種】8月~9月(3日間)
【二種】7月(2日間)

受験資格

一種資格講習

  • 電気主任技術者(一種、二種、三種)、ボイラー・タービン主任技術者、ガス主任技術者(甲種・乙種)、技術士、高圧ガス製造保安責任者(甲種化学・甲種機械)、医師、薬剤師、火薬類保安責任者(甲種製造・甲種取扱)、ボイラー技士(特級)、危険物取扱者(甲種)、エネルギー管理士のいずれか
  • 毒物劇物取扱者か廃棄物処理施設技術管理者となる資格
  • 東京都第二種公害防止管理者の資格
  • 一種対象工場実務担当者など

二種資格講習

  • 一種資格講習の受講資格を満たす者
  • 危険物取扱者(乙種)、高圧ガス製造保安責任者(乙種化学・乙種機械)、ボイラー技士(一級・二級)、火薬類保安責任者(乙種製造・丙種製造・乙種取扱)のいずれか
  • 工場実務担当者など

講習内容

一種の講習内容

  • 東京都の環境の現況と対策
  • 環境保全に関する法令の概要
  • 環境確保条例等の解説
  • 企業における環境管理のあり方及び公害防止管理者の職務
  • 大気汚染対策
  • 水質汚濁対策
  • 有害化学物質対策
  • 騒音振動対策
  • 修了テスト

二種の講習内容

  • 東京都の環境の現況と対策
  • 環境保全に関する法令の概要
  • 環境確保条例等の解説
  • 企業における環境管理のあり方及び公害防止管理者の職務
  • 大気汚染対策
  • 水質汚濁対策
  • 有害化学物質対策
  • 騒音振動対策
  • 修了テスト

受験者数・合格率

不明

試験の難易度

講習と修了テストを受けるだけで取得することができますので、真面目に受講していれば難なく取得することができます。

資格を活かせる仕事

  • 公害発生施設の使用方法の監視
  • 測定及び記録
  • 緊急時の措置
  • 処理施設の維持管理
  • 作業方法の監督
  • 付近住民に対する応接
  • 行政庁に対する報告

など・・・

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事