eco検定試験(環境社会検定)の難易度・合格率・試験日など

eco検定とは

複雑で多様化する環境問題に関する知識を習得するためのできた検定試験で、正式名称は環境社会検定試験です。
受験者の約8割が社会人で、幅広い職種や業種に携わっている人が取得している資格になります。受験資格がないことから、就職活動を有利に進めたい学生にも人気のある資格です。
環境問題を後回しにする企業は生き残れないと言われてる、このご時世で、環境問題に関して真剣に取り組み始めている企業が増えていることから、注目を浴びている資格の一つと言えるでしょう。
試験内容は、公式テキストに準ずる内容になりますので、公式テキストと過去問をしっかり勉強すれば、独学でも難なく取得することが可能です。

スポンサーリンク

目次

eco検定の基本情報

資格種別公的資格
ジャンル環境・自然
資格区分なし
受験資格なし
試験日程7月下旬、12月中旬(年2回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所全国各地
受験料5,500円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ東京商工会議所 検定試験情報

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

eco検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間合格発表
2020年7月12日(日)4月28日~5月29日8月14日
2020年12月13日(日)9月29日~10月30日1月22日

eco検定の試験内容

出題形式

筆記試験:択一式(2時間)

出題範囲

わたしたちの地球と自然環境、環境問題の実態、環境をめぐる世界の動き、環境と社会、環境と経営、環境と商品、豊かな食事と環境の関係、自然と共生した住環境、生活と環境

資格侍のアイコン画像資格侍

公式テキストの内容に準じます。

合格点

100点満点中70点以上

eco検定の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2019年26,931人75.9%
2018年23,808人73.3%
2017年20,818人73.0%
2016年21,504人70.7%
2015年23,849人57.5%
2014年25,790人50.5%

eco検定の難易度

公式テキストの内容をキチンと理解していれば合格できます。

eco検定の勉強法

eco検定の独学勉強法

eco検定のお勧めテキスト

公式テキストの内容から出題されるので合格するには必須のテキスト

過去問題3回分と模擬問題2回分を収録!知識の確認に最適

資格を活かせる仕事

環境問題に関して力を入れている企業で活躍することができます。ただし、受験資格もなく、比較的簡単な資格なので、この資格を取得しても、資格手当が付いたり、就職・転職において劇的に有利になることはありません。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる