作業環境測定士試験の難易度・合格率・試験日など

環境・自然の資格

作業環境測定士とは、厚生労働大臣の登録を受けて、指定作業場において作業環境測定の業務を行うスペシャリストになります。

試験は、「第1種作業環境測定士」「第2種作業環境測定士」に分かれており、第1種作業環境測定士の場合は、、鉱物性粉じん、放射性物質、特定化学物質、金属類、有機溶剤の5種類の区分に分かれており、全ての分析業務を行うことができます。

一方、第2種作業環境測定士は、作業環境測定の業務のうち、デザイン、サンプリングおよび簡易測定器による業務だけを行うことができます。

スポンサーリンク

目次

基本情報受験資格試験日程
試験内容受験数・合格率難易度
勉強法口コミ

作業環境測定士試験の基本情報

資格名作業環境測定士
人気将来性
就・転職
【第1種】
難易度
【第1種】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別国家資格(業務独占資格)
ジャンル環境・自然
資格区分第1種、第2種
受験資格下記参照
試験日程【第1種】8月下旬(年1回)
【第2種】8月下旬、2月(年2回)
試験場所北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州(安全衛生技術センター)
試験内容筆記試験(択一式)
免除科目・特定の資格があれば科目免除あり
・免除講習あり(詳しくはコチラ
合格点各科目の得点が40%以上で、合計点が60%以上
受験料【第1種】10,600円~27,100円
【第2種】11,800円
登録・更新
問い合わせ公益財団法人 安全衛生技術試験協会 
関連資格

作業環境測定士試験の受験資格

条件学歴学科労働衛生の実務その他
大学・高専理科系統1年以上
高校・中等教育理科系統3年以上
大学・高専理科系統以外3年以上
理科系統以外3年以上大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与
理科系統以外大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与と同等以上の学力※条件あり
高校・中等教育理科系統以外5年以上
高校卒業程度認定試験に合格など5年以上
学校教育法施行規則第150条に規定する者5年以上
理科系統1年以上大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与
理科系統大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与与と同等以上の学力※条件あり
8年以上
技術士試験の第二次試験に合格
産業安全専門官、労働衛生専門官若しくは労働基準監督官又はその職務にあった者

それぞれの証明証が必要になります。

※この他にも受験資格を得られる条件がありますので、詳しくは安全衛生技術試験協会のホームページをご覧下さい

作業環境測定士試験の試験日

第82回試験(第2種)

【試験日】2019年2月12日(火)
【申込期間】2018年11月5日~12月3日
【合格発表】2019年3月18日

作業環境測定士試験の試験内容

第1種

【共通科目】
労働衛生一般、労働衛生関係法令、作業環境について行うデザイン・サンプリング、作業環境について行う分析に関する概論

【選択科目】
有機溶剤、鉱物性粉じん、特定化学物質等、金属類、放射性物質

第2種

【共通科目】
労働衛生一般、労働衛生関係法令、作業環境について行うデザイン・サンプリング、作業環境について行う分析に関する概論

資格を取得して登録するためには講習を受講する必要があります。

作業環境測定士試験の受験者数・合格率

第1種

時期受験者数合格率
2017年1,131人71.1%
2016年1,096人59.4%
2015年1,065人67.5%
2014年1,046人62.0%

第2種

時期受験者数合格率
2017年1,462人40.4%
2016年1,446人36.5%
2015年1,351人37.5%
2014年1,407人39.0%

作業環境測定士試験の難易度

作業環境測定士としての業務を行うには、資格を取得して、厚生労働大臣などが行っている講習を修了しなければいけません。

2種に関しての試験合格率は、受験資格が厳しく設けられている中で3割程しかありませんので、かなり難易度の高い資格と言えるでしょう。

作業環境測定士試験の勉強法

作業環境測定士の独学勉強法

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

環境・自然の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2020年】
タイトルとURLをコピーしました