太陽光発電アドバイザー試験の難易度・合格率・試験日など

太陽光発電アドバイザー試験とは

環境問題やエネルギー問題が重要視されていく中で、太陽光発電にかかる期待は年々大きくなっています。
そんな中、太陽光発電に関する専門的な知識を要することを認定する、太陽光発電アドバイザー試験が2012年度より開始されました。
資格を取得して認証されれば、日本住宅性能検査協会に太陽光発電アドバイザーとして認定してもらうことができます。
受験者の傾向を見てみると、年齢は30代~40代が大半を占めるので、太陽光発電に関する建築や営業をしている実務経験者の方が多く受験していると思います。一方、学生の受験者は少ないので、学生のうちに取得しておけば就活でアピールしやすいかもしれませんね。

スポンサーリンク

目次

太陽光発電アドバイザーの基本情報

資格種別民間資格
ジャンル電気・無線
資格区分なし
受験資格なし
試験日程偶数月の1日~14日
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所札幌、仙台、東京、大阪、福岡
受験料8,800円
登録・更新登録費用:13,000円
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本住宅性能検査協会 

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

太陽光発電アドバイザーの試験内容

出題形式

筆記試験(4肢択一のマークシート方式[50問])

出題範囲

太陽光発電の社会環境、太陽光発電システムの導入に関する法令、太陽光発電システムの概要、原理・技術、太陽光発電システム導入の支援施策、資金調達、太陽光発電システムの設置基準、太陽光発電システム導入に関しての屋根、建築構造、設備、現場調査・安全管理、その他太陽光発電システムの導入における実務

合格点

50点満点で35点以上

太陽光発電アドバイザーの受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2015年11月1,507人58.8%
2015年5月1,548人50.52%

太陽光発電アドバイザーの難易度

誰でも受験できる気軽さはありますが、一方で受験できる場所は限られているため、この点においては受験しにくい資格とも言えます。

これまでの試験での合格率は50%近くを推移しており、独学でも比較的合格を目指せる難易度の低い資格試験と言えます。

太陽光発電の歴史や背景、関係法令などが出題され、その範囲は広いのですが、試験は公式テキストに沿って出題されるため、テキストをしっかり読み知識を得ることが重要となります。

また、実務に携わっている場合それほど難易度は高くないと言えるでしょう。

合格基準は公表されておりませんが、35点程度を取得できれば合格と言われているため、この点数が取得できるように努力することが必要です。

資格侍のアイコン画像資格侍

建築や電気や建材などの幅広い知識が問われるので、実務経験の無い方からしてみれば難しく感じるかもしれませんが、公式テキストがあり勉強しやすいので学生でも十分合格可能です。

太陽光発電アドバイザーの勉強法

試験実施協会が作った公式テキストがあるのでそちらを使って勉強して下さい。

太陽光発電アドバイザーのお勧めテキスト

公式テキスト!試験合格への一番の近道

資格を活かせる仕事

試験に合格して、太陽光発電アドバイザーとしての行動準則を承認された方については、登録することにより太陽光発電アドバイザーとして正式に認定され認定証が発行されます。

太陽光発電システムを販売している会社や事業所で、販売や施工業務を行う仕事ができます。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる