家電製品アドバイザー試験の難易度・合格率・試験日など

サービス・販売の資格

家電製品アドバイザーは、「家電製品協会」が実施している試験で、家電製品に関する販売方法や使用方法、不具合、不良品が発生した場合のお客様への対処法、廃棄処分の仕方など、家電製品に関するありとあらゆる専門知識を問う試験になります。

試験は、テレビや携帯電話などの「AV情報家電」と、電子レンジや冷蔵庫などの「生活家電験」に分かれており、受験者はどちらか選択(もしくは両方)して受験することになります。

ちなみに、両方を取得することで、家電製品総合アドバイザーの称号を得ることができますので、是非チャレンジしてみて下さい。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 家電製品アドバイザー
評価
資格種別 民間資格
資格区分 AV情報家電、生活家電験
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 東京、大阪、名古屋など全国主要都市
試験方法 筆記試験
免除科目 1年以内に科目合格したものについては免除
合格基準 商品知識・取扱及び、CS・法規試験の科目合計200点満点中、140点以上
受験料 9,230円
登録・更新 資格の有効期限は5年間。更新試験に合格して更新料5,660円(AV情報家電、生活家電験両方の場合は8,450円)を支払うことで更新可能
問い合わせ 一般財団法人 家電製品協会

サービス・販売の資格一覧

試験日程

【試験日】3月上旬、9月上旬(年2回)
【申込期間】12月~1月、6月~7月
【合格発表】試験の約1か月後を目途に発表

試験内容

AV情報家電

【商品知識・取扱】
テレビ受信機、地上デジタル、ディスプレイ、デジタルビデオカメラ、プロジェクタ、デジタルスチルカメラ、DVD/HDDレコーダー、BS/CSチューナ、ビデオプリンタ、システムステレオ、ポータブルオーディオプレイヤー、ラジオ受信機、AVシステム(シアタ)、電話機、携帯電話・PHS、ファクシミリ、パソコン周辺機器、記録メディア、モバイルツール、電池

【CS・法規試験】
CS総論、購入前のCSポイント、販売時のCSポイント、購入決定後のCSポイント、不具合発生時のCSポイント、地上デジタル放送の、販売、施工、使いこなしに伴うCSポイント、廃家電引取り時のCSポイント、消費者保護に関連する法規の概要、省エネ・環境に関連する法規の概要、製品安全に関連する法規の概要

生活家電試験

【商品知識・取扱】
電気冷蔵庫、食器洗い乾燥機、電子レンジ、電子ジャー炊飯器、ジャーポット、IHクッキングヒーター、洗濯機、衣類乾燥機、家庭用生ごみ処理機、ふとん乾燥機、アイロン、掃除機、空気清浄機、換気扇、浴室暖房換気扇、温水洗浄便座、照明機器、太陽光発電システム、エコキュート、電気カーペット

【CS・法規試験】
CS総論、購入前のCSポイント、販売時のCSポイント、購入決定後のCSポイント、不具合発生時のCSポイント、地上デジタル放送の、販売、施工、使いこなしに伴うCSポイント、廃家電引取り時のCSポイント、消費者保護に関連する法規の概要、省エネ・環境に関連する法規の概要、製品安全に関連する法規の概要

受験者数・合格率

第35回試験

区分 受験者数 合格率
AV情報家電 5,457人 32.8%
生活家電 5,279人 28.7%

試験の難易度

家電業界に就職した新入社員を対象にしている試験になるので、それほど難しい試験ではありません。

趣味レベルでも良いので、ある程度、家電に精通している人であれば、何の勉強をしなくても6割程は答えれるでしょう。

但し、合格するとなるとそれなりに対策を立てなければいけません。

試験の勉強

当協会が発行している問題&解説集があるので、そちらをみっちり勉強すれば問題なく合格できるでしょう。

特に毎年似たような問題が出題されるので、過去問を徹底的にこなしてください。

勉強法 家電製品アドバイザー 勉強法
テキスト 家電製品アドバイザー早期完全マスター
問題集 家電製品アドバイザー 問題&解説集

資格を活かせる仕事

この試験に合格すると、家電品を購入する人達に対して、その家電品の特徴や最も有効な使い方等をアドバイス出来ます。また、現在、この資格は、従来の家電品に留まらず、太陽光発電や電気自動車、スマートライフといった省エネの領域にも広がっています。これらもまた、家電品アドバイザーの仕事です。

ですから、家電品アドバイザーの職場は電気屋や家電量販店だけとは限りません。太陽光発電の会社やハウスメーカー、通信業界、住宅設備関連会社等電気が関係する職場全般に亘ります。

自ら起業する人もいれば、企業に就職する人もいますが、お客様のニーズに対して的確なアドバイスが出来るので、就職にも有利と言えます。

また、お客様からの信頼も得、会社の為に活躍することが出来ます。

家電品アドバイザーは、最新の技術の習得も大切ですが、年々複雑化する家電製品の使い方を、高齢者の方にもわかりやすく紹介・説明することも大事な仕事の1つです。

お客様が「この家電を購入して良かった」と思ってもらえるのが、家電品アドバイザーの何よりの喜びでしょう。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★☆☆3

電機 50代男性(その他)
2017年8月17日

可も無く不可も無く
家電量販店スタッフとして取得っうか、趣味の資格として受験 他の同僚含め9名が受けたが、7名は不合格
偶々合格したものの昨年度からは難易度上昇 とはいえ、気合い一日2時間一週間取り組めば合格すると思う。
唯、それなりの地頭は必要かも?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事