スマートマスター試験の難易度・合格率・試験日など

スマートマスター試験とは

スマートハウスは住まいの構造を工夫し、省エネ機器、太陽光発電、燃料電池の導入することで、エネルギーの消費を極力抑えた家のことです。
スマートマスターは、そのスマートハウスのメリットや将来性をよく理解し、お客様の事情・要望にあったスマートハウス作りを提案します。2016年度から認定が始まりました。
スマートマスターは、これからスマートハウスで家を建てる方や、リフォームしてスマートハウスにする方に助言をするだけでなく、将来的にスマートハウスに住む予定の方がスマートハウスにした時に使える家電のご紹介をするのもその仕事です。
実のところ、スマートハウスにすると、省エネだけでなく、ホームセキュリティやホームヘルスケア、さらに生活を快適にする支援サービスまで受けることができます。
これからスマートハウスのニーズはますます高まるはずですので、スマートマスターは時代の流れとして、これからもっと必要とされることでしょう。

スポンサーリンク

目次

スマートマスター試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル環境・自然
資格区分スマートハウスの基礎、家電製品
受験資格なし
試験日程3月、9月(年2回実施)
試験方法筆記試験
免除科目科目受験制度あり
試験場所全国主要都市
受験料9,230円(1科目受験の場合は6,180円)
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ家電製品協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

スマートマスター試験の試験日

2019年度試験

試験日申込期間
2020年3月1日(日)・4日(水)12月1日~1月25日

スマートマスター試験の試験内容

出題範囲

スマートハウスの基礎スマートハウス理論、スマートハウスのコア知識
家電製品関連家電技術と製品

合格点

全ての科目で200点満点中140点以上

スマートマスター試験の受験者数・合格率

2018年9月【第35回】

区分受験者数合格率
一般受験1,401人37.1%
科目受験145人37.9%

スマートマスター試験の難易度

合格率を見る限り、一般受験で合格率が30%程しかないとなるとそれなりに難しい試験だということは分かります。

ただ、誰でも受験でき更に学習カリキュラムが明確化されているので、キチンと試験対策を立てれば実務未経験者でも十分合格可能です。

スマートマスター試験の勉強法

家電製品協会より学習カリキュラムとして「スマートマスターインテリジェント化する家と家電のスペシャリスト」が市販されているので、そちらのテキストを利用して勉強を始めましょう。

資格を活かせる仕事

住宅メーカーや住宅設備事業などで活躍を期待できます。

家電量販店で活かしたいのであれば、同協会が実施している「家電製品アドバイザー」の資格を目指した方が良いです。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる