ビルクリーニング技能検定試験の難易度・合格率・試験日など

ビルクリーニング技能検定とは

ビルの所有者から委託を受けて行うビルクリーニング作業について必要な技能を評価するための試験を、筆記と実技で行います。
試験を受験するのは、実務経験が必要になりますので、ビル清掃のど素人がいきなり試験を受けることはできません。
ビルクリーニング技能士は名称独占資格になりますので、資格を持っていない者がビルクリーニング技能士と名乗って業務を行うことはできません。

スポンサーリンク

目次

ビルクリーニング技能検定の基本情報

資格種別国家資格(名称独占資格)
ジャンル環境・自然
資格区分1級、2級、3級
受験資格・職業訓練指導員 (建築物衛生管理科)免許を所持
・建築物衛生管理科の普通職業訓練(700時間)修了者で、尚且つ実務経験2年以上
・実務経験3年以上(1週24時間以上)
※上記のいずれか
試験日程年1回実施
【筆記試験】11月下旬
【実技試験】11月下旬~2月中旬
試験方法【筆記試験】正誤法、択一式(50問)
【実技試験】作業試験、ペーパーテスト
免除科目下記参照
試験場所北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、香川、福岡
受験料【1級】3,700円(筆記試験)、20,000円(実技試験)
【2級】3,500円(筆記試験)、18,000円(実技試験)
【3級】3,000円(筆記試験)、15,000円(実技試験)
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

ビルクリーニング技能検定の試験日

2019年度試験(1級・3級)

試験日申込期間合格発表
学科試験
2019年11月24日(日)
実技試験
2019年11月25日(月)~2月7 日(金)
8月19日~9月11 日3月31日

2019年度試験(2級)

試験日申込期間合格発表
学科試験
2019年7月7日(日)
実技試験
2019年6月24日(月)~7月9日(火)
3月25日~4月16日8月30日

ビルクリーニング技能検定の試験内容

出題範囲

ビルクリーニング作業、作業の段取り、床の清掃、壁の清掃、窓の清掃、その他建築物の各部、付属設備及び備品の清掃、ビルクリーニング用機械及び器具の点検、修理及び調整

合格点

【筆記試験】65%以上を得点
【実技試験】各配点の40%以上を得点して、尚且つ合計で60%以上を得点

免除科目

  • 筆記免除⇒ビルクリーニングに係る技能検定において学科試験に合格した者
  • 実技免除⇒ビルクリーニングに係る技能検定において実技試験に合格した者

※この他にも免除規定がありますので、詳しくは全国ビルメンテナンス協会のホームページをご確認下さい

ビルクリーニング技能検定の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2016年4,306人49.3%
2015年2,718人51.4%
2014年2,769人59.8%
2013年2,911人56.7%

ビルクリーニング技能検定の難易度

難しい試験ではありませんが、受験資格を得るために実務経験や職業訓練が必要になるので、試験よりも受験資格を得る方が大変です。

資格を活かせる仕事

清掃作業監督者として活躍することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる