MENU

ビル経営管理士試験の難易度・合格率・試験日など

2020 5/25
ビル経営管理士試験の難易度・合格率・試験日など
ビル経営管理士試験とは

ビル経営のスペシャリストとしての知識を問う試験で、国土交通大臣登録証明事業として行っている公的資格になります。

ビル経営管理士になるには、試験に合格して登録申請をしなければいけません。

受験資格はありませんが、登録申請するには、賃貸ビル経営管理(不動産経営管理)に関しての一定の実務経験が必要になります。

登録の有効期限は5年間になりますので、5年ごとに更新登録を行わなければいけません。

スポンサーリンク

目次

ビル経営管理士の基本情報

資格名 ビル経営管理士
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別 公的資格
ジャンル 建築・不動産
受験資格 なし(但し、登録申請するには一定の実務経験が必要になります)
試験日程 12月上旬(年1回)
試験場所 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
試験内容 筆記試験
免除科目 ビル経営管理講座の修了者は、試験の総合記述科目が免除
合格点 3科目の合計点数が300点満点中およそ180点以上の得点で、尚且つ各科目が100点満点中、52~70点以上の得点
※明確な基準はない
受験料 33,000円
登録・更新 資格の有効期限は5年間。更新するには「研究報告書を提出」「日本ビル経営管理士会に入会」「センター主催の講習会等に1回以上参加」のいずれかをクリアする必要がある。更新手数料:10,800円。
問い合わせ 一般財団法人 日本ビルヂング経営センター
関連資格

スポンサーリンク

ビル経営管理士の試験日

2020年度試験

試験日 申込期間 合格発表
2020年12月13日(日) 8月初旬〜10月末日 1月29日

ビル経営管理士の試験内容

賃貸ビルの企画・立案に関する知識、賃貸ビルの賃貸営業に関する知識、賃貸ビルの管理・運営に関する知識、総合記述

ビル経営管理士の受験者数・合格率

時期 受験者数 合格率
2019年 673人 74.4%
2018年 659人 72.1%
2017年 616人 69.5%
2016年 664人 69.4%
2015年 678人 68.0%
2014年 668人 67.2%
2013年 570人 69.5%
2012年 525人 69.3%
2011年 537人 70.4%
2010年 544人 71.7%

ビル経営管理士の難易度

試験の合格率は70%程ありますので、それほど難しい試験ではありません。

ビル経営管理士の勉強法

独学でも十分取得可能ですが、当センターが実施しているビル経営管理講座(通信講座)も実施していますので、勉強方法に自信が無い方は受講を検討してみて下さい。

ビル経営管理士試験の詳しい勉強法

資格を活かせる仕事

ビル経営管理士は、ビルの経営管理のエキスパートとして、

  1. ビルを経営・管理して行く上で必要な計画を策定する
  2. テナントとの間で、契約交渉や賃料収受等を行う
  3. 建物の維持・保全の為、メンテナンス事業者の選定、発注、監督を行う

以上が主な業務内容です。

ビル経営管理士は、オーナーや投資家が安心してビルの経営管理を依頼出来る知識を持ち、他方快適で安全なオフィスを提供する事で、テナントに対するサービス向上も図らなければなりません。その為にはビルの周囲の景観の保全等も含めて、ビルを魅力ある都市の一部になるようにするのも大事な点です。

ビル経営管理士は、ビルのオーナー、テナントの両者に取って健全な賃貸オフィスビル市場を作る事に貢献しています。

ちなみに、ビル経営管理士の平均年収は300~400万円程度と言われています。

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる