環境アレルギーアドバイザー試験の難易度・合格率・試験日など

一般社団法人日本環境保健機構が実施している環境アレルギーアドバイザー試験は、環境由来の健康問題に関しての正しい知識があり、環境改善のサポートができるだけでなく患者様や家族様の立場にたった対応ができることを証明できる資格です。

環境由来の健康問題とは、主にシックハウス症候群やアレルギーなどが挙げられます。

化学物質に過敏に反応してしまう人が増えていて、健康への影響が懸念されている近年、そういった問題に対応できる専門家が必要だと考えられ、この資格が創設されました。

生活環境の改善によって症状が緩和されるケースもありますので、対策をしていくためにも環境アレルギーアドバイザーの必要性が大きくなってきています。

環境アレルギーアドバイザーの試験は、アレルギーや化学物質過敏症、シックハウス症候群など環境要因による問題についての知識、日用品や被服、食生活や住環境によるアレルギーについて、アレルギーに関係する法令についてなどが試験で出題されます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名環境アレルギーアドバイザー
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル環境・自然
資格区分なし
受験資格なし
試験日程9月中旬、2月下旬(年2回)
試験場所全国200か所以上のテストセンター
試験内容CBT試験(4肢択一式[100問])
免除科目
合格点非公開
受験料7,800円
登録・更新登録費用:13,000円。5年毎の更新が必要
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 日本環境保健機構
関連資格

試験内容

  • アレルギー、化学物質過敏症、シックハウス症候群など環境要因のある問題
  • 日常生活における環境影響(日用品、被服、食生活、住環境等)
  • アレルギーなどに関わる法令関係

受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

試験の難易度

日本環境保健機構のHPには「2~4か月程度の学習期間を想定」と明記しています。

具体的には、これから初めて勉強する方で20~30時間ぐらいあれば十分合格することができます。ですので難易度としては低いと言えます。

試験の勉強法

日本環境保険機構が発行する「 環境アレルギーアドバイザー試験 公式テキスト」と「環境アレルギーアドバイザー試験 対策問題集」があるので勉強はやりやすいと思います。

問題は公式テキストの内容から出題されるので、まずは公式テキストを流し読みして、問題集をこなしていき、内容が理解できない所に関しては公式テキストをじっくり見て知識を深めて下さい。

90分間で100問答えなければいけないのでとにかく問題をこなして早く答えられる様に特訓して下さい!

資格を活かせる仕事

環境アレルギーアドバイザーの資格を活かすことができる職種として、工務店やリフォーム業者など不動産業界が挙げられます。

住宅が原因となるシックハウス症候群を防ぐためにも、知識をしっかりと持っている会社に依頼したいと思うものでしょう。従業員が環境アレルギーアドバイザーの資格を所有していることはお客様の信頼を高めることにも繋がります。

食物アレルギーの面では、食品業界に携わる人や調理師や管理栄養士などにとって役立つとされます。

大人になってから発症している人も増えていますので、食物アレルギーに関しての知識があるお店とそうでないお店であればやはり知識があるお店で食べるほうが安心できますね。

アレルギーといえば化粧品によるアレルギーも問題となっています。お肌とアレルギーについてしっかり知識を身につけていればトラブルを未然に防げます。そういった観点からエステティシャンなど美容業界でも取得者が増えています。

他にも被服を扱うアパレルメーカーなどの従業員が取得しているケースもあります。

家族の健康のためにも活かせる資格なので、注目されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

環境・自然の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました