舗装施工管理技術者試験の難易度・合格率・試験日など

建築・不動産
舗装施工管理技術者試験とは

舗装工事における専門的な知識と高い技術および指揮能力を有していることを認定する資格で日本道路建設業協会が実施しています。

技術進歩に対応するため5年ごとに更新しなければいけません。

スポンサーリンク

目次

基本情報試験日程試験内容
受験数・合格率難易度勉強法
仕事口コミ(0件)

舗装施工管理技術者試験の基本情報

資格名舗装施工管理技術者
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル建築・不動産
資格区分1級、2級
受験資格【1級】
・大学卒業後、実務経験3年以上
・短大または5年制高専卒業後、実務経験5年以上
・高校卒業後、実務経験10年以上
・実務経験15年以上
など
【2級】
・大学卒業後、実務経験1年以上
・短大または5年制高専卒業後、実務経験2年以上
・高校卒業後、実務経験3年以上
・実務経験8年以上
など
試験日程6月下旬(年1回実施)
試験場所札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇
試験内容筆記試験(一般試験、応用試験)
免除科目一般試験のみ合格した者については、翌年の試験に限り一般試験が免除
合格点【一般試験】満点中60%以上の得点率
【応用試験】満点中60%以上の得点率
受験料【1級】15,000円【2級】8,000円
登録・更新登録の申請を行うことで「舗装施工管理技術者」の称号を用いることができます。
問い合わせ一般社団法人日本道路建設業協会
関連資格

舗装施工管理技術者試験の試験日

2019年度試験

試験日申込期間合格発表
2019年6月23日(日)2月8日~2月22日10月23日

舗装施工管理技術者試験の試験内容

1級一般試験木工学、舗装工学、施工管理、関連法規
応用試験設計、材料、施工、補修についての工事内容・工事概要・課題・対策・結果
2級一般試験土木工学、舗装工学、施工管理、法規
応用試験設計、材料、施工、補修についての工事内容・工事概要・課題・対策・結果についての選択・記述問題

舗装施工管理技術者試験の受験者数・合格率

1級

実施時期受験者数合格率
2019年3,509人18.5%
2018年3,489人20.2%
2017年3,973人15.9%
2016年4,060人20.7%
2015年4,202人16.4%

2級

実施時期受験者数合格率
2019年1,562人32.3%
2018年1,507人35.5%
2017年1,594人26.2%
2016年1,704人54.0%
2015年1,821人37.0%

舗装施工管理技術者試験の難易度

2級はそれほどですが、1級に関してはかなり難しいです。

舗装施工管理技術者試験の勉強法

問題の傾向が毎年似たような感じなので、過去問をしっかりこなして問題の傾向を掴んでおきましょう。

\ Amazonでテキストを探す/

資格を活かせる仕事

舗装工事会社などで活躍することができます。

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

建築・不動産
資格の門をフォローする
資格の門【2020年】
タイトルとURLをコピーしました