舗装診断士試験の難易度・合格率・日程など

資格名 舗装診断士
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 下記参照
試験場所 札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇
試験日程 6月第4日曜
申込期間 2月上旬~中旬
受験料 16,500円(税込)
問い合わせ先 一般社団法人 日本道路建設業協会
スポンサーリンク

概要

舗装診断士は、舗装の点検、評価、補修などの技術を持っている技術者を認定するための民間資格で、「日本道路建設業協会」が認定しています。舗装の効率的な管理や更新のために作られました。

道路の舗装の診断とは、既設舗装の調査や評価及びその維持・修繕工法の選定・設計、補修計画策定の支援と多岐に亘ります。更に、時にはネットワークレベルでの補修計画策定支援も行える事とされています。

受験するには、1級舗装施工管理技術者など一定の資格を保有していて、7年以上の実務経験があることが必要になります。すでに建築・土木関係で仕事をしていて、今後さらに舗装の点検、補修などに適した能力を証明したい、という人に適しています。

舗装診断士試験では、舗装の管理、点検や評価、補修の計画、技術者倫理などが出題されます。舗装診断士は、舗装施工管理技術者資格の上位資格として位置づけられています。そのため難易度が普通からやや高め、と言われています。

試験に合格後は登録が必要で、5年ごとに更新することになります。まだ新しい資格ですが、今後は国土交通省の評価・登録を得られる対象資格になることが期待されています。建築・土木分野の新しい資格として、今後の展開が注目されています。

受験資格

  • 1級舗装施工管理技術者
  • 技術士(建築部門)
  • 特別上級・上級等土木学会認定資格
  • RCCM

のいずかれかの資格を所有しており、尚且つ舗装関連業務に関する実務経験が7年以上

試験内容

試験方法 択一式(マークシート方式)

記述式(経験記述と専門記述)

試験時間 6時間
合格基準 調査中
免除科目 なし

出題範囲

  • 舗装技術
  • アセットマネジメント
  • 舗装マネジメントシステム
  • 舗装性能とその評価
  • 舗装の点検・調査技術
  • 評価判定
  • 安全・環境管理
  • 要求性能の設定
  • 路面・構造設計
  • 排水設計
  • 維持・修繕工法
  • 使用材料
  • 施工方法
  • 安全・環境対策
  • 技術論論理

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2017年 3,037人 22.4%

実務経験が7年以上いることから、受験者の約9割は30歳以上になります。

試験の難易度

まず受験資格を得るために該当する資格を持っていなければいけませんが、その中で一番簡単とされる「舗装施工管理技術者1級」の資格でも合格率は15%程しかなくかなり難しいです。

その狭き門をくぐり抜けた方の中でも、合格率は20%程しかないので、そのことからかなり難しい試験だというのは明白です。

試験の勉強

調査中になります。

資格を活かせる仕事

舗装診断士の資格を取得することで、道路舗装について高い専門知識と技術を持っていることを証明できるようになります。

舗装の問題点の把握や原因の分析、補修計画の策定まで、一連の作業ができる舗装のプロとして認定されることになります。すでに一定の資格や、舗装関係の実務経験を持っている人が受験対象なので、今までの経験にさらに新しい資格や能力をプラスしたい、と考えている人に適しています。

建築関係にも多くの資格がありますが、今後さらにスキルアップをはかりたい、周りからの信頼を得て仕事を獲得したい、と考えている人に適しています。

建築・技術部門でも資格があることで社内外からの信頼が得られる、というケースが多くあります。今後の仕事の幅を広げるためにも、舗装診断士の資格は注目されています。

口コミ・体験談

まだありません。

※2018年01月14日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事