空間情報総括監理技術者試験の難易度・合格率・日程など

建築・電気の資格
空間情報総括監理技術者は、公益社団法人日本測量協会が認定している資格です。もとは、測量専門技術認定と言われていた資格で、平成17年度に今の名称になりました。

ただ単なる測量の技術だけでは補えない空間情報を専門的に把握し、活用させる技術を有することを証明する資格です。

受験資格は測量士か、技術士もしくは博士号取得者かそれと同等の能力を有する者か、空間情報関連業務に15年以上つき、責任者としての仕事を2回以上していることが必要です。

受験資格一つをとっても、かなり専門性が高い資格であることが分かります。また、試験は筆記試験と面接試験があり、筆記試験合格者のみが面接試験に進むことができます。

現在、この資格取得者は、国土交通省、国土地理院、地方農政局、地方自治体などが発注するプロジェクト等において活躍されています。

空間情報総括監理技術者は、数字だけ計れたら良いという仕事ではありません。得られたデータからそれを有効活用するまでの全てのことを任されます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 空間情報総括監理技術者
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格
  • 測量士の資格を取得
  • 技術士の資格を取得、または博士の称号
  • 空間情報関連に関する実務経験15年以上+責任者の経験2回以上

の全ての条件をクリアする必要があります。

試験場所 東京都
試験方法 筆記試験
免除科目
合格基準 調査中
受験料 20,000円(協会会員は13,000円)
問い合わせ 公益社団法人日本測量協会

試験日程

試験は年1回実施されます。

【筆記試験】7月中旬
【面接試験】9月上旬

2018年度試験

【試験日】
<筆記試験>2018年7月21日(土)
<面接試験>2018年9月1日(土)

【申込期間】
2018年6月1日~6月30日

【合格発表】
<筆記試験>2018年8月24日
<面接試験>2018年9月7日

試験内容

  1. 空間情報技術に関連する知識および経験を有しているか
  2. 空間情報技術の応用力・構想力・提案力・説得力・監理力を有しているか
  3. 業務を遂行できる人格・責任感・リーダーシップを有しているか

を総合的に判断

筆記試験に関してはパソコンを用いて文章およびスライドにて作成

受験者数・合格率

2015年度

区分 受験者数 合格率
筆記試験 90人 27.8%
面接試験 25人 100%

試験の難易度

まず何より受験資格を得るのはかなり難しいです。

一般的な資格の受験資格は、該当する資格もしくは業務に関係する実務経験のどちらかを満たしていれば受験資格を得ることができますが、こちらの資格では資格と実務経験の両方の条件を満たす必要があります。

しかもその資格は「測量士」と「技術士」という国家資格の中でも難しいとされている資格を両方取得しておく必要があります。(技術士は同等の能力があれば可能)

併せて空間情報関連業務に関する実務経験も15年以上必要になり、更に責任者としての経験もいるので、受験資格を得るだけでも40代になってしまいますね。

そんなスペシャリストだけが受験できる試験の中でも、10人中3人程しか合格することができないので、試験の難易度としては相当高いことが分かります。

試験の勉強

準備中

資格を活かせる仕事

測量関連会社などで活躍を期待できますが、この資格を目指す方のほとんどが、もう既に空間情報関連の仕事に従事している方ばかりなので、更なるスキルアップとしての資格として位置付けられています。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事