再開発プランナー試験の難易度・合格率・試験日など

一般社団法人再開発コーディネーター協会が実施している再開発プランナー試験は年1回実施されている試験です。

都市再開発事業において企画や調整が行える知識がある事を証明できる資格です。筆記試験は20歳以上であれば受験可能ですが、実務経験を積まなければ再開発プランナーとして認定されません。

筆記試験合格後、実務経験を積み、実務経験審査を受け合格すれば再開発プランナーとして登録が可能になります。

実務経験は3年以上あることが条件となっています。都市再開発事業等に携わった経験、都市の環境形成につながる土地や建物に係わる事業の企画、調査、計画、設計、工事、権利調整、資金調達、販売、管理運営等の業務に携わった経験が実務経験とみなされます。

登録資格は3年間有効で、3年ごとに更新講習の受講が必要です。

都市再開発法、都市計画法、建築基準法、区分所有法、借地借家法、不動産鑑定評価基準など再開発に関わる様々な知識を身につけます。

再開発プランナー受験取得者の年代は40代や50代の割合が高いですが30代、60代の取得者もいます。コンサルタントや建設業、不動産業、公務員、金融機関に勤務されている人が受験者とされています。

スポンサーリンク

再開発プランナーとは

資格名再開発プランナー
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル建築・不動産
資格区分なし
受験資格満20歳以上(試験を受ける年の4月1日現在)
※再開発プランナーになるには実務経験が必須
試験日程年1回実施
【筆記試験】8月下旬
【実務経験審査】11月~12月
試験場所東京、大阪
試験内容学科試験(四肢択一式)、実技試験(記述式を含む筆記)、実務経験審査(書類審査・面接審査)
免除科目
合格点非公開
受験料21,600円
通信講座
登録・更新実務経験審査に合格することで登録。以降3年ごとに更新が必要
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 再開発コーディネーター協会
関連資格

再開発プランナーになるまでの流れ

※再開発コーディネーター協会のHPから引用

筆記試験と実務経験審査の両方に合格して再開発プランナー登録することで初めて「再開発プランナー」になることができます。

筆記試験に合格してから実務経験を積むことも可能ですが、筆記試験合格後から3年を経過するまでに実務経験審査に合格する、もしくは技術維持講習(21,600円)を受講して期間を延長しなければ筆記試験合格が失行になりますので注意して下さい。

再開発プランナーの試験内容

学科試験

市街地再開発事業及びマンション建替え事業に係る法律等、都市計画法等関連法規、不動産関連法規、評価・補償、都市再開発に関連する基礎知識

実技試験

市街地再開発事業及びマンション建替え事業の手続き、事業計画及び権利変換計画の作成並びにその他の都市再開発の事業の企画、事業計画及び権利調整に係ること

実務経験審査

市街地再開発事業等の実務経験だけではなく、広く都市の環境形成につながる土地や建物に係わる事業の企画、調査、計画、設計、工事、権利調整、資金調達、販売、管理運営等の業務なども含まれます。

再開発プランナーの受験者数・合格率

筆記試験

年度受験者数合格率
2018年804人29.2%
2017年853人29.2%
2016年758人27.8%
2015年723人28.9%

再開発プランナーの難易度

難易度は高めです。

再開発プランナーの勉強法

再開発コーディネーター協会のHPで「再開発プランナー試験参考書」が発売されているので、そちらのテキストをメインに勉強を進めて下さい。

資格を活かせる仕事

現在様々な地域で再開発が進んでいます。老朽化している建物をどうするか、耐震性に問題がある施設をどうするか、客足が遠のいている商店街をどうするか、都市が抱えている様々な問題を解決していくのが再開発プランナーの役割です。

再開発事業に携われる資格として再開発プランナーは注目されている資格で再開発に関する提案なども行えます。コンサルタント業、建設業、不動産業で資格取得者が多く、再開発を行う事で、周辺に住む人々の生活の質をより高める事に貢献できます。

再開発事業においては、環境問題や高齢化社会など社会情勢についてもしっかり知識がなければできません。再開発事業には費用も発生しますので、確実に周辺の住民の生活の質があがるようにしていかなければならず経験がなければ簡単には行っていけないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

建築・不動産
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました