MENU

電子会計実務検定試験の難易度・合格率・試験日など

2020 7/04
電子会計実務検定試験の難易度・合格率・試験日など
電子会計実務検定とは

電子会計にきちんと運用できる人材を育てることを目的とし、特に中小企業の会計指針を定めるのを助けるために作られました。
その簿記の理論や知識を前提に、ネット社会に順応した会計実務の能力を問います。
1級から3級まであります。簿記の知識は必要ですが誰でも受験をすることができます。パソコンソフトなどによる電子会計が一般的になっている今日において、その取り扱い方や分析の仕方などを知ることは大切なことです。

スポンサーリンク

目次

電子会計実務検定の基本情報

資格種別公的資格
ジャンル金融・会計・簿記
資格区分1級、2級、3級
受験資格なし
試験日程【1級】10月第1日曜日、2月第3日曜日
【2級・3級】随時(試験施行機関が試験日を決定)
試験方法会計ソフトを利用して実務と同様に試験
合格点100点満点中70点以上
免除科目なし
試験場所全国各地の各地商工会議所など
受験料【1級】10,480円【2級】7,330円
【3級】4,200円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本商工会議所

【総合評価】(3級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

電子会計実務検定の試験日

2020年度試験(1級)

試験日申込期間
2020年10月4日(日)随時
2021年2月21日(日)随時

電子会計実務検定の受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

電子会計実務検定の難易度

難しい試験ではありません。

資格を活かせる仕事

企業の経理課などに就職を希望している学生さんにお勧めの資格です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる