金融窓口サービス技能士試験の難易度・合格率・試験日など

金融窓口サービス技能士とは、金融機関における窓口業務等に必要な技能を問う試験で、「金融財政事情研究会」が平成14年度から実施している国家資格になります。

金融機関の窓口業務はお金の入出金の他にも税金や公共料金の収納、投資信託などのリスク商品の販売など業務は多岐に渡ります。

試験は、学科試験と実技試験で構成されており、どちらも「テラー業務」と「金融商品コンサルティング業務」の2つの科目に分けて実施しています。

窓口業務における必要な業務知識と実践能力を学科試験・実技試験両面から審査し、1級、2級、3級金融窓口サービス技能士として認定されます。

受験をするには金融機関での実務経験が必要となります。2級では2年、1級では4年の実務経験が必要です。

金融窓口サービス技能検定は、金融商品コンサルティング業務とテラー業務の2種類があります。金融商品コンサルティング業務は投資信託や保険商品を販売するにあたっての基礎知識や販売や勧誘を行う上での基本的なルールが試験範囲です。テラー業務は窓口業務における窓口事務、預金業務、相続業務などが試験範囲です。

金融業界に従事している人には取得しておいた方がいい資格と言えるでしょう。

スポンサーリンク

金融窓口サービス技能士試験とは

資格名金融窓口サービス技能士
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別国家資格(名称独占資格)
ジャンル金融・会計・簿記
資格区分テラー業務(1級、2級、3級)、金融商品コンサルティング業務(1級、2級、3級)
受験資格【1級】2級合格者、テラー技能審査2級合格者、4年以上の実務経験のいずれか
【2級】3級合格後に実務経験、テラー技能審査3級合格後に実務経験、2年以上の実務経験のいずれか
【3級】金融機関に勤務している者、又は勤務しようとしている人
試験日程1月中旬、5月中旬、9月中旬(年3回)
試験場所全国各地
試験内容筆記試験、実技試験
免除科目学科試験(あるいは実技試験)の合格者は、学科試験(あるいは実技試験)が免除
※但し、合格した学科試験(あるいは実技試験)の試験日の翌々年度末までに行われるものに限る
合格点【テラー業務】
<1級・2級>学科:100点満点で70点以上、実技:100点満点で80点以上
<3級>学科:100点満点で70点以上、実技:100点満点で70点以上
【金融商品コンサルティング業務】
<学科>100点満点で70点以上、実技:100点満点で70点以上
受験料【テラー業務】
1級:学科(8,500円) 実技(26,000円)
2級:学科(6,500円) 実技(7,000円)
3級:学科(3,800円) 実技(4,000円)
【金融商品コンサルティング業務】
1級:学科(8,500円) 実技(15,000円)
2級:学科(6,500円) 実技(7,000円)
3級:学科(3,800円) 実技(4,000円)
テキスト金融窓口サービス技能士のテキスト
金融窓口サービス技能士の問題集
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 金融財政事情研究会
関連資格

金融窓口サービス技能士試験の試験日

2019年9月試験

【試験日】2019年9月8日(日)
【申込期間】2019年7月4日~7月23日
【合格発表】2019年10月21日

2020年3月試験

【試験日】2020年1月26日(日)
【申込期間】2019年11月13日~12月3日
【合格発表】2020年3月6日

金融窓口サービス技能士試験の難易度

実技試験がありますがそれほど難しい試験ではありません。

資格を活かせる仕事

金融業界で活躍することができます。尚、金融業界の求人数は年々増加しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

金融・会計・簿記
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました