証券アナリスト試験の難易度・合格率・試験日など

証券アナリスト試験とは

証券投資の分野において、高度の専門知識と情報収集・分析・評価および多様な投資意思などを応用し、各種情報の分析と投資価値の評価を行い、投資助言や投資管理サービスを行う能力を認定する資格です。
試験は、通信教育の受講と受験、更に実務経験年数が必要となります。
資産運用が難しい昨今、この資格を持っていれば、証券会社、資産運用会社等で企業調査を基にしてその企業の個別証券の分析をし、評価をするのが仕事となります。
また、銀行や保険会社といった機関投資家に対しては、投資目的に最適な証券を組み合わせて、総合的な資産運用を補佐し、利益を生み出すようにします。
証券投資には、他に投資ストラテジスト、投資アドバイザー、マーケット・アナリスト等の専門家がいますが、証券アナリストは一連の投資の決定過程に参画する専門家の総称です。

スポンサーリンク

目次

証券アナリスト試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル金融・会計・簿記
資格区分なし
受験資格【一次試験】通信教育講座の受講を修了した人
【二次試験】1次レベルの合格者
試験日程4月、9月(年2回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、金沢、広島、松山、福岡
受験料3,000円~8,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ公益社団法人 日本証券アナリスト協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

証券アナリスト試験の試験内容

出題範囲

一次試験証券分析、ポートフォリオ・マネジメント、財務分析、経済
二次試験証券分析、ポートフォリオ・マネジメント、財務分析、経済、職業倫理・行為基準

合格点

一定割合の上位得点者の平均得点を基準として合否が決定(明確な基準はありません)

証券アナリスト試験の受験者数・合格率

一次試験、二次試験共に合格率は50%程になります。

証券アナリスト試験の難易度

2013年の検定会員向けアンケート調査によると、一次試験3科目合格までの平均勉強時間は200時間程度になります。

証券アナリスト試験のお勧めテキスト

出題傾向の高い問題をピックアップ

TACの過去問!過去5回分を収録!

資格を活かせる仕事

証券アナリストは、証券投資の分野に於いて、専門知識と分析技術を用いて投資価値の評価を行い、助言や投資管理サービスを提供するのが仕事です。

資本主義の高度化に伴い、証券アナリストの業務は拡大・専門化する一方です。証券会社や資産運用会社等では、企業調査を基に個別証券の分析・評価を行います。

又、証券会社や銀行、保険会社等の機関投資家には、投資目的に合わせた証券を組み合せて資産運用を総合的に行います。

現在は金融業務の規制緩和、投資理論の発展に伴って資産運用ビジネスは拡大しています。それに従い証券アナリストにも投資の決定に必要な幅広い知識やスキルを身に着ける事が必要不可欠となっています。

今や証券アナリストの需要は金融界に留まらず、様々なビジネス分野で高まっています。

当資格は業界内でも認知度は高く、取得を義務付けている企業もあるので、就職や転職活動で大いに活用することができます。

資格侍のアイコン画像資格侍

景気の読み取りなど、難しい面もありますが、大変遣り甲斐のある仕事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる