司書教諭試験の難易度・合格率・試験日など

教育の資格

司書教諭とは、図書館に従事する人のことで、教諭の免許を持つ人が司書教諭講習を受講することができます。

学校図書館法では、学校図書館の専門的職務を担う教員として、「司書教諭」を学校に置くこととしているので、司書教諭は小学校や中学校、高等学校などで教諭として働きながら、学校内にある図書館の管理を行います。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 司書教諭
評価
資格種別 公的資格
資格区分 なし
受験資格 ・小学校、中学校、高校、特別支援学校教諭免許状の有資格者
・大学で2年以上在籍し、所定科目の62単位以上を修得
受講場所 全国の大学など
試験方法 受講のみ
受験料 実施機関により異なります
登録・更新
問い合わせ 文部省 初等中等教育局児童生徒課指導調査係
関連資格
  • 司書(大学や短大で図書館に関する科目を履修するか、講習を受講することで司書になれる)
  • 社会教育主事(都道府県や市町村に設置されている教育委員会の事務局で仕事をする専門職員)
  • 学芸員(博物館や美術館、動物園、水族館などで活躍できる)
  • 小学校教員資格認定試験(試験に合格して都道府県教育委員会に申請すれば小学校教諭二種免許状を授与)

教育の資格一覧

試験日程

実施機関により異なります

受講内容

  • 学校経営と学校図書館に関する事項(2単位)
  • 学校図書館メディア構成に関する事項(2単位)
  • 学習指導と学校図書館に関する事項(2単位)
  • 読書と人間性に関する事項(2単位)
  • 情報メディア活用法に関する事項(2単位)

受験者数・合格率

非公開

試験の難易度

受講のみなので簡単

資格を活かせる仕事

司書教諭として活躍することが出来ます。

司書教諭になるまでの流れ

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事