司書(司書補)試験の難易度・合格率・日程など

教育の資格
司書とは、都道府県や市町村の公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員で、司書補は司書の職務を補助する役割を担います。

司書になるには、大学や短大で図書館に関する科目を履修するか、講習を受講することでなることができます。尚、講習終了で司書になることができますので、司書になること自体それほど難しくありません。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 司書(司書補)
評価
資格種別 国家資格(名称独占資格)
資格区分 司書、司書補
受験資格 【司書】
大学、短大、専門(5年制)の卒業者
大学、短大で2年以上在籍し、62単位以上取得
司書補・国会図書館、大学、短大、専門の図書館での実務経験が2年以上
【司書補】
3年制高等専門学校修了者
高等学校卒業者
講習場所 全国の大学
試験方法 講習のみ
合格基準
受験料 受験地により異なる
問い合わせ 実施大学

試験日程

受験地により異なる

試験内容

司書

必須科目

生涯学習概論、図書館概論、図書館制度、経営論、図書館サービス概論、情報サービス論など

選択科目

図書、図書館史、図書館情報資源持論、図書館施設論など

司書補

生涯学習概論、図書館の基礎、図書館サービスの基礎、レファレンスサービス

受験者数・合格率

受講者数は年間約1,500人

試験の難易度

講習のみなので合格率はほぼ100%です。

司書(補)の勉強法

司書(補)の独学勉強法

資格を活かせる仕事

大学や専門学校にて、文部科学省令に定められた内容を受講、終了することで司書の資格を得ることができます。または、司書補として3年以上の勤務経験がある場合にも司書の資格を得ることができます。

司書資格を取得した後、国立国会図書館や公立図書館、小中高大学の図書館に勤務する際に行われるのが司書試験です。

この試験に合格することで、該当の勤務先で働くことができます。

図書館勤務では、利用者が探している図書や資料を手助け・提供する場面が多々あります。その際には、司書資格を取得する際に培われた、あらゆるジャンルの本の情報が役に立ちます。

また、話題の図書や、利用者からのリクエストを踏まえながら、購入する図書を選択することにも、司書としての知識が役立ちます。

昨今本離れが問題になっていますが、それを改善する活動を行えるのも司書の仕事です。

例えば、公立図書館では子ども向けの読み聞かせのイベントを開催したり、小中高大学では、話題の図書やおすすめの図書を目につく場所において興味を持たせるなどの活動を行います。

本離れを食い止め、本にもっと親しんでもらえるかは、司書の腕の見せ所です。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★☆4

ベッキ 20代女性(会社員)
2015年7月10日

図書館で働くことが目標だった
幼いころから本を読むことが好きだったので、図書館で働くことが将来の目標でした。
調べたところ「司書」という資格が必要だったので、進学先は取得できるカリキュラムがある大学を選びました。その他の取得方法として司書講習会に参加するという道もあります。
司書資格は、講義を受けて単位を取得すれば誰でも取得できる資格ですので、取得難易度としては易しいです。
しかし専用の教材費は高く、必修科目の勉強も合わせてしないといけないためそれなりの努力は必要です。
私は運よく自治体の図書館の司書として就職できましたが、募集は限りなく少ないと思います。
持っていても得なことはあまりありませんが、「本が好きなまじめな人」という印象は相手に残せます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事