硬筆書写技能検定試験の難易度・合格率・試験日など

教養・基礎の資格

硬筆書写検定は、同協会が実施している「毛筆書写検定」に比べて、実生活でも役立つことが多いので、毛筆書写検定の3倍程(7万人)の受験者が毎年チャレンジしています。

尚、1級を合格することで「指導者証」が交付されますので、指導者として独立開業することも可能です。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 硬筆書写技能検定
評価
【3級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、準1級、2級、3級、4級、5級
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 全国各地
試験方法 実技と理論
免除科目
合格基準 【1級】
実技600点満点中535点以上かつ理論400点満点中313点以上
【準1級】
実技600点満点中515点以上かつ理論400点満点中305点以上
【2級】
実技600点満点中475点以上かつ理論400点満点中295点以上
【3級】
実技600点満点中415点以上かつ理論400点満点中275点以上
【4級】
実技・理論合わせて700点満点中460点以上
【5級】
実技・理論合わせて500点満点中300点以上
受験料 【1級】5,500円【準1級】4,500円
【2級】3,100円【3級】2,100円
【4級】1,400円【5級】1,100円
登録・更新
問い合わせ 一般財団法人 日本書写技能検定協会
関連資格

教養・基礎の資格一覧

試験日程

1月下旬・6月中旬・11月中旬(年3回)

2018年度 第3回

【試験日】2019年1月27日(日)
【申込期間】2018年12月1日~1月11日
【合格発表】発表時期は未定

2019年度 第1回

【試験日】2019年6月16日(日)
【申込期間】2019年4月9日~5月15日
【合格発表】発表時期は未定

試験内容

1級

【実技】
速書き、漢字10字を楷・行・草の三体で書く、縦書き、横書き、自由作品、掲示文

【理論】
常用漢字字体を旧字体と書写体で書く、草書・古典を読む、漢字の添削、誤字訂正

準1級

【実技】
速書き、漢字8字を楷・行・草の三体で書く、縦書き、横書き、自由作品、掲示文

【理論】
常用漢字字体を旧字体と書写体で書く、草書・古典を読む、書道用語、書道史、誤字訂正

2級

【実技】
速書き、漢字10字を楷・行書で書く、縦書き、横書き、手紙の本文、掲示文

【理論】
筆順、旧字体と書写体を常用漢字の自体で書く、双書を熟語で読む・文字の歴史・漢字の部分の名称、誤字訂正

3級

【実技】
速書き、漢字10字を楷・行書で書く、縦書き、横書き、手紙の宛名、掲示文

【理論】
漢字の部分の名称、筆順、草書を読む、誤字訂正

4級

【実技】
速書き、漢字仮名交じりの言葉5~6字を書く、縦書き、横書き、掲示文

【理論】
筆順、漢字書き取り

5級

【実技】
漢字仮名交じりの言葉5~6字を書く、縦書き、横書き、掲示文

【理論】
筆順

受験者数・合格率

2018年第3回

区分 受験者数 合格率
1級 203人 10.3%
準1級 153人 19.6%
2級 2,150人 48.2%
3級 7,190人 61.1%
4級 1,955人 85.0%
5級 841人 89.9%

試験の難易度

1級に関してはかなり難しくなります。

試験の勉強

実技試験があるので、ユーキャンの通信講座などを利用して取得を目指す方が得策です。

勉強法 硬筆書写検定 勉強法(準備中)
テキスト 硬筆書写検定 合格のポイント
問題集
通信講座  –

資格講座の紹介

ユーキャンの実用ボールペン字講座」では、1日20分の効果的なレッスンなので、仕事をしている方や学業で忙しい方でも無理なく受講することができます。

添削支援サービスもあるので、自分の字の癖を客観的に読み取ることができるのもユーキャンならではですね。

ボールペン字の通信講座を徹底比較

資格を活かせる仕事

この検定の1級を取得すると、指導者としての認定書が発行されます。この認定書があれば、書道教室、ペン字教室などへの就職に有利になります。

1級取得者は、文字の基本となる楷書から、行書、草書、臨書、旧字体、書写体までを習得していますので、小学生から大人までを指導することができます。また、指導者認定書があれば、自宅で教室を開くことも可能です。

毛筆は、墨を使うため、自宅で教室を開くことを躊躇する方もいるかもしれませんが、硬筆であればこの心配はありません。大人になってから、文字がキレイに書けるようになりたいと思う方は、カルチャーセンターなどへ通います。

実際、カルチャーセンターでも、硬筆(ペン字)を学びたい方が多く、人気のレッスンとなっています。その際、1級を取得していれば、講師として採用が優遇されます。

また、生徒も有資格者の講師の方が安心感を持ちますので、この資格が有利に働きます。

その他にも、招待状や賞状、お札や感謝状などの文字を代筆する「筆耕士」として働くことが可能です。

この仕事は、副業としても行えますので、お小遣い稼ぎにもおすすめです。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事