ニュース時事能力検定試験の難易度・合格率・試験日など

資格名ニュース時事能力検定
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
資格種別民間資格
ジャンル教養・基礎
資格区分1級、2級、準2級、3級、4級、5級
受験資格なし
試験日6月中旬、11月中旬(年2回)
直近の試験日はコチラ(下記)
試験場所全国各地
試験内容【1級】筆記試験(マークシート式、記述式)
【2級~5級】筆記試験(マークシート式)
詳しくはコチラ(下記)
免除科目
合格基準【1級】100点満点でおよそ80%以上
【2級~5級】100点満点でおよそ70%以上
受験料【1級】6,500円【2級】4,500円
【準2級】3,500円【3級】3,000円
【4級】2,500円【5級】2,500円
受験データコチラ(下記)
難易度準2級以上は難しい
勉強法コチラ(下記)
テキストニュース時事能力検定の公式テキスト
通信講座
登録・更新
仕事この資格は基本的に就活中の学生を対象にした資格になるので、この資格を活かせる職種や業種はあまりない。
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会
スポンサーリンク

概要

ニュース時事能力検定とは、新聞やニュース報道の内容を読み取るための時事力を判定する試験で、「日本ニュース時事能力検定協会」が実施している民間資格になります。

試験は、小学生を対象にした5級から大学生や社会人を対象にした1級まで6つの区分に分かれているので、自分のレベルに合った試験を受験することが可能です。

これまで累計22万人以上がチャレンジしている試験で、受験者の8割以上が「時事問題への理解が深まり、普段のニュースに関心を持つようになった」と答えています。

時事能力は入試や就活の面接でも問われる能力なので対象者は受験しておいて損は無いでしょう。

試験日

第44回試験

【試験日】2019年2月10日(日)
【申込期間】2018年11月26日~2019年1月9日

試験内容

検定日の約1ヶ月前までのニュースを「政治」「経済」「暮らし」「社会・環境」「国際問題」の5つのテーマから出題されます。

合格率

2016年

  • 1級:9.91%
  • 2級:32.33%
  • 準2級:37.24%
  • 3級:60.23%
  • 4級:83.15%
  • 5級:89.53%

2015年

  • 1級:5.2%
  • 2級:36.5%
  • 準2級:45.1%
  • 3級:61.9%
  • 4級:73.4%
  • 5級:90.9%

2014年

  • 1級:9.4%
  • 2級:47.5%
  • 準2級:46.3%
  • 3級:62.5%
  • 4級:81.7%
  • 5級:91.6%

試験の勉強法

基本的には「ニュース時事能力検定公式テキスト」と「ニュース時事能力検定 公式問題集」をこなしていくことが必須ですが、普段から新聞やニュースを見て色々な分野に興味を持つことが重要になります。

勉強法ニュース時事能力検定 勉強法
テキストニュース時事能力検定 公式テキスト
問題集ニュース時事能力検定 問題集
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

教養・基礎の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】