社会人常識マナー検定試験の難易度・合格率・試験日など

社会人常識マナー検定とは

文部科学省が後援している公益社団法人経理教育協会が実施する検定で、受験レベルは1級から3級まであります。
昭和59年より秘書能力検定の名で試験を行ってきましたが、平成19年に検定内容を見直し社会常識能力検定と名を改め、その後、平成27年に再度、名称変更し、今日に至ります。
社会や組織に生きる大人として必要な社会常識、相手に不快感を与えずに好ましい人間関係を築くのに必要なコミュニケーションスキル、実際に仕事をするにあたって必要なビジネスマナーについて出題されます。

スポンサーリンク

目次

社会人常識マナー検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル教養・基礎
資格区分1級、2級、3級
受験資格なし
試験日程1月中旬、6月上旬、9月中旬(年3回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所全国各地
受験料【1級】4,200円【2級】2,700円
【3級】2,200円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ公益社団法人 全国経理教育協会

【総合評価】(3級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

社会人常識マナー検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間
2020年6月 6日(土)試験の1ヵ月前まで
2020年9月26日(土)試験の1ヵ月前まで
2021年1月16日(土)試験の1ヵ月前まで

社会人常識マナー検定の試験内容

出題範囲

【社会常識】
仕事の進め方
【コミュニケーション】
職場の人間関係、社会人としての話し方、ビジネス文書
【ビジネスマナー】
接遇マナー、訪問マナー、電話応対、交際業務、会議、郵便、ファイリング

合格点

100点満点中、70点以上(全級共通)

社会人常識マナー検定の受験者数・合格率

2020年1月

区分受験者数合格率
1級38人44.74%
2級768人75.52%
3級2,624人85.21%
合計3,430人82.59%

社会人常識マナー検定の難易度

合格率はそれほど高くないが、基本的な問題構成は一般常識になるので、勉強しなくてもそれなりに点数は稼げます。

但し、合格となるとそれなりの試験対策は必要になります。

社会人常識マナー検定の勉強法

社会常識能力検定試験対策用テキストを中心に、時事問題に関しては常日頃から新聞やインターネットから定期的に情報を取り入れるようにしましょう。

社会人常識マナー検定のお勧めテキスト

キャリアアップを図りたい社会人にもお勧め

就職活動中の学生にもお勧め

過去8回分の過去問を収録

社会人常識マナー検定のテキストを探す

資格を活かせる仕事

この資格は、社会人の常識やマナーをきちんと身に付ける事を目的としています。

具体的には、この検定に受かると、

  • 社会常識:現代社会・組織の中で生きる大人として必要な常識と心構えを持っているか。
  • ビジネスマナー:業務処理に必要なマナーと技能を持っているか。
  • コミュニケーション:ビジネスで良い人間関係を築く為の意思伝達スキルを持っているか。

の3点を備えている事が認められます。

そこで、就職活動を始める学生さんには、社会でのマナーと技能を弁えているとして優位となります。

実社会で働いている人は、「コミュニケーション」でビジネス上でより良い人間関係を築くスキルを、又「ビジネスマナー」で業務をスムーズに進めて行く中で必要なマナーや技術を知る事が出来、より効率的な業務が遂行出来ます。

資格侍のアイコン画像資格侍

これからの社会生活や人間関係の構築にも役に立つと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる