理科検定試験の難易度・合格率・試験日など

理科検定とは

日本理科検定協会が実施しており、理数離れの進行を止めたいという願いと生涯学習への貢献のために開始された検定試験です。
試験は高校生の応用レベルである1級~小学生の理科の学習内容である8級まで分かれており、出題内容については、教科書で復習できるような内容となっているので、中学生レベルまでであれば合格しやすいでしょう。
級だけでなくスコアで理解度を評価する試験もあります。こちらはスコア30、40、60、100とコースが分かれています。
大学受験や高校受験のために導入している学習塾等もある検定で、日常生活で役立つ知識、問題解決能力等も身につけることができます。

スポンサーリンク

目次

理科検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル教養・基礎
資格区分1級、2級、3級、4級、5級、6級、7級、8級
受験資格なし
試験日程毎月1回
試験方法筆記試験
合格点70%程度の正解率が基準
免除科目なし
試験場所全国各地
受験料【1級】6,000円【2級】5,000円
【3級~8級】3,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ理科検定協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

理科検定の受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

理科検定の難易度

試験の対象者としては、1級と2級は高校生、3級は中学3年生を対象にしており、区分が一つ下がるごとに対象学年も1学年ずつ低くなります。(8級だと小学校4年生)

理科検定の勉強法

通っている学校から受験する方が多いと思うので、自分で特に試験対策を立てる必要はありません。

独学で勉強する際は、基本的に過去問を解いて問題に慣れていけば問題ありません。必要であれば公式問題集を使ってとにかく問題を解きましょう。

理科検定のお勧めテキスト

日本理科検定協会が監修

資格を活かせる仕事

学生を対象にした資格になるので、仕事で活かすことは難しいです。

企業によっては就活の際に武器になることもあるが、難しい試験ではないので過度の期待は禁物です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる