略語検定試験の難易度・合格率・勉強法など

略語検定は、NPO日本サービスマナー協会が実施している検定です。

受験資格はなく、子供も大人も、日本人も外国人も、日本国内からでも海外からでも、インターネットが使える環境さえあれば、受験することができます。

受験申し込み後、受験料を振り込むと、7日間有効のIDとパスワードが発行されるので、それを使ってログインし、30分間で100問の問題を解きます。試験の結果はすぐに分かり、合格級は試験の結果によって決まります。

21点以上の点数を取ることができれば、級を取得できます。合格証書が欲しいという方は、別途、手続きが必要です。

スポンサーリンク

略語検定とは

資格名略語検定
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル教養・基礎
資格区分1級~4級(点数により区分)
受験資格誰でも受験できます
試験日程随時
試験場所自宅など
試験内容WEB試験(100問)30分
免除科目なし
合格点【1級】86点~100点
【準1級】71点~85点
【2級】56点~70点
【3級】41点~55点
【4級】21点~40点
受験料1回4,000円(税込)
登録・更新合格証明書:2,500円(希望者のみ)
評価・評判0件(口コミ投稿
問い合わせNPO法人日本サービスマナー協会
関連資格ことわざ検定敬語力検定話しことば検定

受験から合格までの流れ

略語検定流れ

NPO法人日本サービスマナー協会の公式サイトから引用

受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

難易度

100点満点中21点以上取れれば、とりあえず資格は取得できるので、そう考えると不合格になる方が難しいです(笑)

履歴書に書こうと思ったら最低でも2級以上は欲しいですが、それでも56点以上取れれば良いので、難易度としてはかなり低いです。

私も公式サイトからサンプル問題を解いてみましたが、全く勉強しなくても8割以上は解けました。

勉強法

試験に対応したテキストはありませんので、試験対策を立てるのは苦労するかもしれません。

まずは公式サイトからサンプル問題を解いてみてどういった問題が出題されるのかを確かめて下さい。

あとは、「略語一覧」という検索キーワードで検索して、略語の意味を理解して下さい。

資格を活かせる仕事

略語は当たり前のように使われています。だから、ある程度は知っておかなければ、どのような仕事に就くにしても、問題になります。

仕事や社会との関わりにブランクがある方は、働き始める前に、この検定を受けてみることをお勧めします。IDとパスワードが有効な間は、何度でも受験できます。

合格証書には反映されませんが、少なくとも今、知っておかなければいけない100個の略語を修得できるチャンスがそこにあります。

また、外国人日本語学習者の方にとって、一番知名度が高い検定試験は日本語能力試験かと思います。

留学などだけでなく、就職するにあたっても、日本語能力試験で上位級を合格していることはやはり大切なのですが、それと共に、よく使われている日本語を習得していることを示す検定の上位級も持っていると、さらに有利です。

日本語の知識を問う問題ばかりでなく、比較的、常識的な知識を問う問題も多いので挑戦してみると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

教養・基礎の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました