敬語力検定試験の難易度・合格率・試験日など

教養・基礎の資格

敬語力検定は、日本サービスマナー協会が行っている敬語の知識や使い方をマスターするための検定です。

ビジネスシーンでは敬語を使うことはマナーとして必要とされますね。でも意外と難しいのが敬語の使い方です。しっかりと身に着けておくことで印象まで変わってきます。

敬語力検定はだれでも受検できるので、正しい敬語をマスターしたい人はもちろん、日本語のスキルをあげたい外国人留学生や日本語を学んでいる外国人の方にとっても役立つ検定です。

敬語力検定では尊敬語と謙譲語、丁寧語などの適切な使い方が問われます。敬語力検定はパソコンやスマートフォンを使って自宅で簡単に受けることができます。

時間は30分間で100問の問題を解きます。短時間で受けることができて、結果もすぐに確認できます。100点満点で、点数に応じて4級から1級までレベルが判定されます。必要に応じて証明書を発行してくれます。

敬語をきちんと使いこなすために、メリットの多い検定です。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 敬語力検定
評価
資格種別 民間資格
資格区分 1級・準1級・2級・3級・4級(試験結果により区分される)
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 自宅などネット環境がある場所
試験方法 ネット受験(100問)
免除科目
合格基準 調査中
受験料 2,000円(税込)
登録・更新 合格証発行:2,000円(希望者のみ)
問い合わせ NPO法人日本サービスマナー協会
関連資格

教養・基礎の資格一覧

試験日程

試験は随時実施されます。

試験内容

尊敬語、謙譲語、丁寧語

合格基準

点数により認定級が変わります。

  • 86点~100点:1級
  • 71点~85点:準1級
  • 56点~70点:2級
  • 41点~55点:3級
  • 21点~40点:4級
  • 0点~20点:不合格

受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

試験の難易度

NPO法人日本サービスマナー協会のHP内に掲載されているサンプル問題を解いてみましたが、社会人経験があり、特に営業やサービス業などお客様とやり取りしている方からしてみれば簡単に感じると思います。

学生さんなど、正しい敬語を使う機会が無い方からしてみれば、回答に困る問題もあるかと思います。

試験の勉強

公式テキストがありませんので、ネットで調べたり敬語に関するテキストを購入して勉強していくしかありません。

30分で100問を解かなければいけないので、スピード感は必要ですが、問題の見直しができませんので注意が必要です。

参考テキストの紹介

その他のテキストを探す

資格を活かせる仕事

敬語力検定を受検することで、正しい敬語の使い方を身に着けることができますね。

ふだん使っている敬語も、よくよくチェックすると間違っていることがあります。ついうっかり間違ったまま使ってしまうことを防いで、ビジネスマナーとして身に着けておきましょう。印象を向上させることにもつながります。

敬語力検定で高い点数を出せるようになっておくと、ビジネスシーンで美しい敬語を使って人と接することができます。

敬語力検定で得た知識は、どの仕事においても役立ちます。特に接客や営業、サービス業に従事する人にとっては印象アップのためにも欠かせないマナーになりますよね。日々の生活のなかで丁寧な言葉遣いができるように、しっかりと身に着けておきましょう。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事