統計検定試験の難易度・合格率・試験日など

教養・基礎の資格

統計検定は、日本統計学会公式の試験で、データを用いて客観的な判断ができそれを活かして問題を解決する能力などがあるということを証明できる資格になっています。

統計検定を受けることは、仕事でも役立つとされているので学生から社会人まで多くの人が検定を受検しています。

統計検定は4級、3級、2級、準1級、1級があります。統計検定4級は小学生や中学生でも合格可能なレベルとなっていて、データのまとめ方やデータの活用方法、読み取ることなどを中心に試験が出題されます。

3級は高校レベルの内容となっています。2級、準1級は大学レベルの内容となっています。1級になると実践として仕事に活かしていく部分が多く含まれてきます。

年齢関係なく受けることができますので、小学生でも大学生と同じレベルの検定を受けることは可能です。

検定はマークシート方式の選択問題となっています。

試験では電卓を使います。市販の問題集などを使って繰り返し問題を解き、応用を利かせられるようにしておくと合格しやすいです。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 統計検定
評価
【3級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、 準1級、2級、3級、4級
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 札幌、仙台、東京、立川、松本、名古屋、大阪、福岡
試験方法 【1級】論述式
【準1級】多肢選択問題、部分記述問題、論述問題
【2級】5肢選択問題
【3級・4級】4~5肢選択問題
免除科目 1級に関しては、「統計数理」および「統計応用」のいずれかに合格した場合は、有効期限内であれば合格した方が免除
合格基準 不明
受験料 【1級】10,000円(統計数理のみ6,000円、統計応用のみ6,000円)
【準1級】8,000円【2級】5,000円
【3級】4,000円【4級】3,000円
登録・更新
問い合わせ 一般財団法人 統計質保証推進協会
関連資格

教養・基礎の資格一覧

試験日程

【1級】11月下旬(年1回)
【準1級】6月中旬(年1回)
【2級~4級】6月中旬、11月下旬(年2回)

2018年度試験

【試験日】2018年11月25日
【申込期間】終了しました

試験内容

1級

「統計数理」と「統計応用」でそれぞれ試験を合格することで取得できます。

【統計数理】
確率と確率、種々の確率分布、統計的推測

【統計応用】
共通した事項、人文科学分野、社会科学分野、理工学分野、医薬生物学分野

準1級

確率と確率、種々の確率、統計的推測、マルコフ連鎖と確率過程の基礎、回帰分析、分散分析と実験計画法、標本調査法 、多変量解析、時系列解析、分割表のモデル、欠測値、モデル選択、ベイズ法、シミュレー ション計算多用手法

2級

データソース、データの分布、1(2)変数データ、データの活用、推測のためのデータ収集法、確率モデルの導 入、推測、線形モデル、活用

3級

データの種類、標本調査 、実験調査、統計グラフ、データの集計、データの代表値、データの散らばり、確率、時系列データ

4級

データの種類、統計グラフ、時系列データ、データの集計、データの要約、クロス集計表、確率の基礎

受験者数・合格率

2018年6月

区分 受験者数 合格率
準1級 643人 20.2%
2級 1,532人 43.7%
3級 1,698人 67.2%
4級 386人 60.9%

試験の難易度

1級、準1級は数学に精通している人でもかなり難しく感じるでしょう。

2級~4級は学生でも受験できるレベルになるのでキチンと対策を立てればさほど難しい試験ではありません。

試験の勉強

公式問題集があるのでまずは問題を解いてみて試験の傾向を掴んでください。

2級より上の区分になると問題集だけでは足りないので、それぞれの試験区分に対応したテキストを利用して公式問題集で理解できなかった点を重点に勉強して下さい。

統計質保証推進協会のHP内に、資格取得者が勉強法について解説しているので参考にしても良いでしょう。生の声が聞けるので大変参考になります。

勉強法 準備中
テキスト 統計検定 公式問題集

資格を活かせる仕事

統計学は様々な職種・業種で活かすことができます。

特に商品企画などのでマーケティング、保険会社でのアクチュアリなどでは統計学が必須になるので資格を存分に活かすことができるでしょう。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事