MENU

フォークリフト運転者試験の難易度・合格率・試験日など

2020 6/08
フォークリフト運転者試験の難易度・合格率・試験日など
フォークリフト運転者試験とは

最大荷重1トン以上のフォークリフトを運転するための技能や知識を認定する試験になります。これらを運転するには当資格の取得が必須になります。
試験は、学科試験と実技試験がありますが、試験と言っても講習を受講した後の修了試験になりますので、きちんと講習を受けていれば誰でも簡単に合格することができます。
運送会社や倉庫といった物流関連の現場で働くには必須の資格になります。その他にも製造業に携わる仕事に就くのであれば取得しておいて損は無いでしょう。

スポンサーリンク

目次

フォークリフト運転者試験の基本情報

資格種別国家資格
ジャンル車・船・航空
資格区分なし
受験資格18歳以上
試験日程教習機関により異なる
試験方法筆記試験、実技試験
免除科目なし
試験場所全国各地
受験料教習機関により異なる (概ね20,000円~)
登録・更新
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ全国の労働基準監督署など

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

フォークリフト運転者試験の試験内容

出題形式

講習後に修了試験の実施

出題範囲

走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)、荷役に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)、運転に必要な力学に関する知識(2時間)、関係法令(1時間)

フォークリフト運転者試験の受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開になりますが、認知度の大変高い資格になるので相当数の受験者がいると思われます。

フォークリフト運転者試験の難易度

非公開ながら合格率は95%程度あると言われているので、真面目に講習を受講していれば、ほぼ合格できます。

フォークリフト運転者試験の勉強法

特にこれといって事前予習しておく必要はありません。講習の勉強だけで十分取得できます。

フォークリフト運転者の詳しい勉強法

資格を活かせる仕事

主に工場勤務(製造業)や配送業で大いに活躍することができます。これらの職種では優遇されるので、就職・転職の際に有利になります。

工場で正社員として勤務することを希望する方は、積極的に取得を目指しましょう。

(仮に持っていない状態で入社しても、大抵の会社で取得を促されます)

フォークリフトを扱う職場だと資格手当の対象になりますので、収入アップを期待することができます。

受験者の口コミ評判

口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる