クレーン・デリック運転士試験の難易度・合格率・試験日など

クレーン・デリック運転士試験とは

クレーン・デリック運転士とは、2006年に新設されたもので、従来あった「クレーン運転士」と「デリック運転士」の免許を統合したしたものです。尚、従来からあったクレーン運転士は、クレーン・デリック運転士の中のクレーン限定となって残っています。
試験は誰でも受験することができますが、18歳以上にならないと免許の交付を受けることはできません。

スポンサーリンク

目次

クレーン・デリック運転士試験の基本情報

資格種別国家資格(業務独占資格)
ジャンル車・船・航空
資格区分なし
受験資格なし
※但し、免許の交付を受けるには18歳以上でなければならない
試験日程毎月実施
試験方法筆記試験、実技試験
免除科目所持資格及び、実務経験等により、科目免除があります
試験場所全国7ブロック(北海道、宮城県、千葉県、愛知県、兵庫県、広島県、福岡県)の安全衛生技術センター
受験料【筆記試験】6,800円【実技試験】11,100円
登録・更新
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ安全衛生技術センター

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

クレーン・デリック運転士試験の試験内容

出題範囲

  • クレーン及びデリックに関する知識:10問(30点)
  • 関係法令:10問(20点)
  • 原動機及び電気に関する知識:10問(30点)
  • クレーンの運転のために必要な力学に関する知識:10問(20点)

合格点

【筆記試験】総得点が60%以上の得点率で、尚且つ各科目が40%以上の得点率
【実技試験】減点の合計が40点以下

クレーン・デリック運転士試験の受験者数・合格率

年度受験者数合格率
2018年23,436人55.3%
2017年25,760人45.0%
2016年20,935人58.7%

クレーン・デリック運転士試験の難易度

学科にせよ実技にせよ難しい試験ではありません。

クレーン・デリック運転士試験のお勧めテキスト

テキストに加えて予想模試3回分を掲載

重要ポイントを簡潔にまとめられている

テキストの売れ筋ランキング

資格を活かせる仕事

建築・土木業界で活躍することが可能です。その他にも、製造業(工場勤務)でも重宝される資格なので、就職・転職の為に取得する受験者が大半です。

実務は、クレーンを動かして人間では運べない大きくて重い荷物を運ぶ仕事がメインになります。一見地味に思えるかもしれませんが、荷物の積み下ろしは連携作業が重要になるので、効率よく働くにはそれなりの経験が必要になります。

試験は簡単ですし、これらの業界で働きたい人は取得しておいて損は無いでしょう。

収入に関しては、クレーン運転工の平均年収は450万円程度と言われています。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる