移動式クレーン運転士試験の難易度・合格率・試験日など

車・船・航空

移動式クレーン運転士とは、つり上げ荷重が5トン以上の移動式クレーンを運転する為に取得する試験で、労働安全衛生法に定められた国家資格になります。

試験は、「安全衛生技術試験協会」が実施しており、筆記試験と実技試験で行われます。

受験資格はなくて誰でも受験することが出来ますが、免許を交付してもらうには18歳以上でなければいけませんので、学生さんは注意して下さい。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 移動式クレーン運転士
評価
資格種別 国家資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
※但し、免許を交付してもらうには18歳以上でなければいけません
試験場所 全国7ブロック(北海道、宮城県、千葉県、愛知県、兵庫県、広島県、福岡県)の安全衛生技術センター
試験方法 筆記試験、実技試験
免除科目 安全衛生技術協会のホームページにてご確認下さい
合格基準 【筆記試験】総得点が60%以上の得点率で、尚且つ各科目が40%以上の得点率
【実技試験】減点の合計が40点以下
受験料 【筆記試験】6,800円【実技試験】11,100円
登録・更新
問い合わせ 安全衛生技術センター
関連資格

国家資格一覧 ・車・船・航空の資格一覧

試験日程

2ヶ月に1回(年6回実施)

試験内容

学科試験

  • 移動式クレーンに関する知識:10問(30点)
  • 原動機及び電気に関する知識:10問(30点)
  • 関係法令:10問(20点)
  • 移動式クレーンの運転のために必要な力学に関する知識:10問(20点)

実技試験

  • 移動式クレーンの運転
  • 移動式クレーンの運転のための合図

受験者数・合格率

近年の学科試験の合格率は76%程、実技試験の合格率は60%程になります。

試験の難易度

学科に関しては、高校卒業程度の知識で十分なので、それほど難しい試験ではありません。

実技に関しては、クレーン学校で実技の講習を受けて受験すればほぼ合格できます。

試験の勉強

日本クレーン協会から出ている「移動式クレーン運転士試験ズバリ一発合格問題集」をメインに勉強すると良いでしょう。問題が豊富に掲載されているのでオススメできます。

勉強法 移動式クレーン運転士 勉強法(準備中)
テキスト 移動式クレーン運転士 テキスト
問題集 移動式クレーン運転士 問題集

資格を活かせる仕事

クレーン会社で、移動式クレーンのオペレーターとして活躍することができます。

収入に関しては、クレーン運転士の平均年収は450万円程度になります。実務経験が重要視される職業になるので、経験を積めば積むほど収入は上がりやすい職種とも言えます。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★★☆☆3

さの 20代男性(その他)
2017年11月8日

過去問あてにならない
過去問の問題はほぼ出てこなかった。過去問で出てこなかったから捨ててた公式出されたし、教科書読み込んだ方が点数取れると思う。H29.11.6

お勧め度 ★★★★★5

モアイ 20代男性(その他)
2017年9月29日

合格率2017年から20%前後まで低下
最新の情報ですが、移動式クレーンは合格率60~70%と言われていましたが、それは3年前までのお話です。2年前から難易度を上げていき、去年から格段に難易度を高くし、今年度は去年よりも難易度が高く、合格率は20%前後になるように問題の難易度を上げているとの事です。参考問題集は多数販売されていますが、それは昔の難易度であれば簡単に合格する事ができます。ですが、その多数の問題集を仮にも100点満点取れる方でも合格率は約30%程だと思います。ですので、今年度の移動式クレーンを受験される方は移動式クレーンに関しての総合の知識は勿論、出題範囲を全て覚え尚且つ、実際に現場での経験、応用、教本や問題集には掲載されていない専門用語を覚えてから試験に挑まないと試験費用、受験会場までの交通費などの支出が勿体無いです。講習会に連日参加されてる方や講師の先生方でも難しいと言われてました。結果、死に物狂いで魂が擦り減るまで勉強しなければ合格できません!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事