自転車技士試験の難易度・合格率・試験日など

資格名 自転車技士
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 18歳以上で尚且つ自転車の整備や組立、検査などに携わる実務経験が2年以上
試験場所 北海道、宮城、埼玉、東京、千葉、茨城、愛知、滋賀、大阪、広島、香川、福岡
試験方法 筆記試験、実技試験
免除科目
合格基準 非公開
受験料 22,190円
登録・更新
問い合わせ 一般財団法人 日本車両検査協会

車・船・航空の資格一覧

スポンサーリンク

概要

自転車技士とは、自転車の組立整備の知識や技能の向上を目的とした試験で、「日本車両検査協会」が実施しています。資格取得後は5年ごとに更新を行わなければいけません。

自転車販売店やホームセンターなどで就業する場合は、取得しておきたい資格ですね。

試験日

8月(年1回)

2018年度試験

【試験日】2018年8月2日・23日・30日
【申込期間】2018年5月22日~6月4日
【合格発表】2018年10月1日

試験内容

筆記試験

自転車の構造・機能の知識、自転車の整備の知識、自転車の構造・性能の知識、自転車の点検整備の知識、自転車の組立・検査の知識、工業標準化法、自転車・同部品の日本工業規格・消費生活用製品安全法の知識

実技試験

【分解】
後車輪、チェーン、リヤディレーラの取外し等

【組立】
解した状態から適切な工具を使用して、一般用自転車に適合する完成車にする

受験者数・合格率

2018年度試験

受験者数 合格率
実技 1,708人 63.4%
学科 1,752人 66.3%

試験の難易度

試験難易度としては決して簡単ではありませんが、受験するのに自転車の整備などに関わる2年以上の実務経験が必要になるので、受験する人からしてみればそれほど難しく感じることはないかもしれません。

一般的に3ヶ月程度の勉強期間で合格することが可能と言われています。

試験の勉強法

自転車技士 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

自転車販売店やホームセンターやスポーツ店など、自転車を販売する職場で活躍することが出来ます。

収入に関しては、某大手自転車販売会社の平均年収は430万円程度になります。

決して他の業界に比べて劣っている訳ではありませんが、今や自転車も通販で購入する時代になっているので、今後、この業界が伸びていくのかと言われれば疑問に思う所もあります。

手に職を付ければ独立も夢じゃない仕事なので、頑張り次第で収入アップを見込める職種でもあります。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

車・船・航空
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】