シガーアドバイザー試験の難易度・合格率・試験日など

大人の嗜好品である「タバコ」は、一般的には体に害があるものと認識されていますが、正しい知識を身に付けることで、たばこによる被害も最小限に抑えられることができます。

日本に限らず世界中で禁煙活動が活発に行われている中、たばこに関する専門知識を持った「シガーアドバイザー」の需要が高まってきています。

シガーアドバイザーになるには、「シガーアドバイザー協会(CAA)」が実施している、3ヶ月に及ぶ通信講習を受講して、全6回の添削問題をクリアすることで、認定手続きを行うことができます。

認定してもらうことで、名刺に「シガーアドバイザー」と肩書をいれることができますので、お客様に対して、より一層信用度が増します。

スポンサーリンク

シガーアドバイザー試験とは

資格名シガーアドバイザー
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルサービス・販売
資格区分なし
受験資格20歳以上
試験日程随時実施
試験場所通信なので自宅
受講内容全6回の添削問題(試験はなし)
免除科目
合格点非公開
受講料61,600円
受験データ講習者は毎年100名程
難易度講習のみなのでほぼ100%合格できる
勉強法事前対策は必要なし
登録・更新認定料25,000円、入会金19,000円、初年度年会費15,900円が必要。
※学割・シニア割あり
仕事シガーアドバイザーの資格を活用できる職場はほぼない。あくまで趣味レベルの資格とお考えよう。
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせシガーアドバイザー協会(CAA)
関連資格ビアアドバイザーフードコーディネーター健康管理能力検定

受講内容

【もてなしの基】
真のプロフェッショナルが持つべき7つの能力や知識・技能

【食品・飲料の基礎知識】
食品・飲料の語源、各商品の効果的な分類方法と商品特性、発酵/食品・飲料の保存管理

【食品・飲料の文化】
食品・飲料の歴史、世界各国の食文化、接客サービスと日本文化

【テイスティング】
テイスティング

【マネジメント】
飲食、サービス業の価値を高めるために、セールスプロモ−ションの基本

【たばこ】
たばこの歴史、定義と製品の分類、紙巻たばこの製造、制度

【シガー】
シガーの歴史、構造と分類、サービス基礎知識、シガー用葉たばこの生産とシガーの出来るまで

【パイプ】
パイプの歴史、構造及び種類、喫煙方法、パイプ用葉たばこの種類

【たばこの与える影響とその効果】
たばこと健康

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

サービス・販売の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました