フードコーディネーター試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

フードコーディネーターは、食のクリエイターとなれる資格です。

新しい食のブランドを生み出したり、トレンドを生み出したりするために開発や演出などに携われる仕事で、フードコーディネーター試験に合格することで、食品メーカーでの仕事に就く際に有利になったり、飲食店や給食のメニューの開発、食関連の記事作成における空間コーディネイト、食に関するイベントの運営、料理教室の開催など様々な現場で活躍することができます。

栄養士さんやシェフ、パティシエなどの仕事をしている人が資格を取得されるケースも多いです。

特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会が実施している試験でフードコーディネーター試験は1級~3級まで3区分があります。フードコーディネーターの養成校を卒業していると3級資格は取得したとみなされるので2級から挑戦ができます。

同じ食に関する資格の「栄養士」や「食生活アドバイザー」に比べると、華やかさがあり、メディアなどで取り上げられることも多く、多くの若者が資格取得に挑戦しています。

スポンサーリンク

フードコーディネーター試験とは

資格名フードコーディネーター
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル料理・食材
資格区分1級、2級、3級
受験資格【1級】2級取得者
【2級】3級取得者
【3級】18歳以上
試験日程年1回実施
試験場所【1級】書類審査+東京
【2級】東京、名古屋、大阪、福岡
【3級】東京、横浜、名古屋、大阪、福岡
試験内容【1級】書類審査、作品の提出
【2級】筆記試験(択一式、記述式)
【3級】筆記試験(択一式)
免除科目
合格点非公開
受験料【1級】1次試験:12,000円、2次試験:16,000円
【2級】1次試験:11,000円、2次試験:14,000円
【3級】11,000円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせNPO法人 日本フードコーディネーター協会
関連資格

フードコーディネーター試験の試験日

【1級】1次試験:書類審査、2次試験:2月
【2級】6月(1次試験)、8月(2次試験)
【3級】11月

フードコーディネーター試験の試験内容

1級

1次試験:2級の認定を受けている分野による作品、または企画書、および実績の提出

2次試験:与えられたテーマによる作品の提出、およびプレゼンテーション

2級

出題範囲は2級教本、3級教本がメインとなります。選択した分野の知識をマスターし、かつ応用力を身につけているレベルで、基本的な各種計画書や簡単なプレゼンシートなどを作成できる能力を問われます

3級

デザイン・アート、経済・経営、文化、科学

フードコーディネーター試験の受験者数・合格率

3級の合格率は80%程

フードコーディネーター試験の難易度

1級

仕事の規模や質に応じてチームを組み各分野のスペシャリストたちに的確な指示や方向性を示し、成すべき最善の解決法を見い出す能力が求められます。

2級

お客さまの欲求をとらえる、幅広い能力と基本的コーディネート力が求められます。

3級

「食」に関する幅広い知識を取得することが必要です

フードコーディネーター試験の勉強法

3級は独学でも取得可能です。

通学講座の紹介

ヒューマンアカデミーのフードコーディネーター養成講座」では、2級と3級の取得を目指すことができるカリキュラムが組まれています。

また、食材の知識・メニュー開発・テーブルコーディネートから店舗プロデュースまで、総合的な知識の習得を目指すことができるので、資格の取得だけではなくフードコーディネーターとしての総合的な知識を習得することができます。

就職・転職サポートシステムもありますので、資格取得後の仕事探しまで一括してサポートを受けることも可能です。

詳しい情報を見る

資格を活かせる仕事

食品メーカーや外食企業でフードコーディネーターとして活躍することができます。

しかし、「栄養士」や「食生活アドバイザー」に比べて、資格取得者に対しての需要が少ないため、この資格を取得したからと言って、就職・転職に有利になるとは考えにくいです。

「栄養士」や「食生活アドバイザー」と一緒に取得することで、活躍の場は広がります。

フードコーディネーターの収入

フードコーディネーターの平均年収は300万円程度です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

料理・食材の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました