栄養士試験の難易度・合格率など

料理・食材の資格

食に関する生活相談など、食のアドバイザーとして活躍できる栄養士。栄養学に基づいて、栄養のバランスを考えた献立を作成したり、調理方法の改善など、栄養に関する専門的な知識を要するので、誰でも簡単になれる訳ではありません。

そのため栄養士になるには、最低2年以上の、栄養士養成施設を卒業して認定してもらわなければ栄養士と名乗って仕事をすることができません。

但し、試験はありませんので、栄養士養成施設を卒業できれば自動的に取得することができます。

栄養士免許の取得者は毎年1.8万人いると言われており、栄養士の上位資格である「管理栄養士」を受験するためにも、栄養士はかなり人気のある資格と言えるでしょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 栄養士
評価
資格種別 国家資格(名称独占資格)
資格区分 なし
受験資格 厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定認可された学校(昼間部のみ)に入学し、その課程を履修して卒業
試験方法 試験は無し
試験場所
試験日程
申込期間
合格発表
受験料
問い合わせ 一般社団法人 全国栄養士養成施設協会
関連資格

国家資格一覧 ・料理・食材の資格一覧

試験内容

試験は無し

免除科目

合格基準

受験者数・合格率

試験の難易度

試験の勉強

資格を活かせる仕事

官公庁、保健所、教育委員会、病院、学校、工場、事業所、福祉施設、スポーツ 施設等で栄養指導者として活躍することができます。その他にも少数ではありますが、料理家やフードコーディネーターとして活躍することも可能です。

栄養士の上位資格である「管理栄養士」の資格を取得することで、活躍できる場は更に広くなるでしょう。

栄養士の収入

少し古いデータですが、2013年の栄養士の平均年収は340万円程です。

職場によっては数千円の資格手当が支給されます。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事