食生活アドバイザー試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

食生活アドバイザーとは、食生活の安全と豊かさを提供するアドバイザーで、様々なアプローチ方法で適切な指導、助言を行い健康な生活を提案できる食生活の改善を手助けすることを職務としています。

食生活アドバイザー検定は食生活のスペシャリストを育成するための検定です。受験をするにあたって制限や条件は存在せず、食生活に興味があれば誰でも受けることができます。

栄養素や病気、食事の関わりを学んで心と体の健康づくりを行う「栄養と健康」、調理をする時のポイントや献立における工夫、テーブルマナーなどを心得る「食文化と色習慣」、食品の分類法や生鮮食品、加工食品等について学ぶ「食品学」、食中毒を予防するための衛生管理を行う「衛生管理」、食品の流通などを把握して賢い消費者を目指すための「食マーケット」、税金や法律など、食事における食生活等について学ぶ「社会生活」が出題範囲となります。

試験は2級と3級があり、特に学生や主婦に人気がある資格です。

ホームページで願書の請求ができるため、受験願書を請求し、郵送された願書に記入して受験料振り込みます。すると受験票が送られてきますのでそれを持参して各会場で試験を受けましょう。

食に関する関心が高まっていますので、今後ますますの活躍が期待されている資格の一つと言えます。

スポンサーリンク

食生活アドバイザー試験とは

資格名食生活アドバイザー
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル料理・食材
資格区分2級、3級
受験資格なし
試験日程7月中旬、11月下旬(年2回)
試験場所全国各地
試験内容【2級】筆記試験(6肢択一式、記述式)
【3級】筆記試験(5肢択一式)
免除科目
合格点合計点数の60%以上の得点
受験料【2級】7,300円【3級】4,700円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般財団法人 FLAネットワーク協会
関連資格

食生活アドバイザー試験の試験日

第41回試験

【試験日】2019年7月14日(日)
【申込期間】2019年4月1日~5月31日
【合格発表】2019年8月5日

食生活アドバイザー試験の試験内容

  • 栄養と健康(栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養など)
  • 食文化と食習慣(行事食・旬・マナー・配膳・調理・献立など)
  • 食品学(生鮮食品・加工食品・食品表示・食品添加物など)
  • 衛生管理(食中毒・食品衛生・予防・食品化学・安全性など)
  • 食マーケット(流通・外食・中食・メニューメイキング・食品販売など)
  • 社会生活(消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規など

食生活アドバイザー試験の受験者数・合格率

平均で3級が65%、2級が35%ほど

食生活アドバイザー試験の難易度

まず3級については、学生でも気軽に取得できる内容になっているので、そこまで難しい試験ではありません。

ただ2級になると、現役の管理栄養士や食品会社に勤務している人を対象にしているので難易度はグッとあがります。これは合格率を見て頂いても分かりますよね。

内容は、栄養面だけでなく、食文化や風習、食中毒、法令についてなど多岐にわたるため、独学ででは勉強する範囲が広いです。

受験者に難易度を聞いた
  • 2級については講座等に通うか、少なくとも過去問題に精通しておかないと、合格する可能性はかなり低い。(2級取得 30代男性 会社員)

食生活アドバイザー試験の勉強法

勉強法としては公式テキストがあるので試験対策は立てやすいです。

3級に関しては独学でも十分取得が可能ですが、2級に関しては専門用語が多くなりますので、余裕があればユーキャンなどの通信講座を利用して取得を目指す方が効率的です。

食生活アドバイザーの詳しい勉強法

食生活アドバイザー試験の通信講座

ユーキャンの食生活アドバイザー講座」は、試験実施団体の一般社団法人FLAネットワーク協会公認の講座になります。

ですので、テキストは公式テキストに準じた内容になっているので安心です。

資格を活かせる仕事

食品業界で活躍することが可能です。

食品メーカーでの商品開発、スーパーやデパートなどでお客さんに対しての食品の説明や健康アドバイス、その他にも医療業界や学校などの教育現場で食育に関する業務など、幅広いフィールドで活躍することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

料理・食材の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました