調理師試験の難易度・合格率・試験日など

調理師試験とは

調理師になるには、各都道府県が実施している調理師試験に合格するか、厚生労働省公認の調理師養成施設を卒業することで、調理師の免許を取得することができます。
調理師試験を受験するには、調理の実務経験が必要になりますので、未経験の状態からいきなり調理師試験を受験することはできません。
調理師の資格を取得することで、調理師会の正会員に入会することができますし、調理師の上位資格である「専門調理師」の受験資格を得ることができます。
また、飲食店の開業に必要な「食品衛生責任者」を養成講習を受けなくてもなることができます。
この様に、調理師の資格を取得することで、様々な恩恵を受けることができます。
ちなみに調理師資格を取得しなくても調理をすることは可能です。但し、名称独占資格になるので、資格が無ければ調理師と名乗って業務をすることはできません。

スポンサーリンク

目次

調理師試験の基本情報

資格種別国家資格(名称独占資格)
ジャンル料理・食材
資格区分なし
受験資格中学校を卒業しており、尚且つ学校や病院、飲食店などで2年以上の調理業務を経験している
試験日程受験する都道府県により異なる
試験方法筆記試験
免除科目
試験場所全国各地
受験料受験する都道府県により異なる(7,000円程)
登録・更新
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ公益社団法人調理技術技能センター、関西広域連合(ホームページ無し)

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

調理師試験の試験内容

食文化概論,衛星法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論

調理師試験の合格点

受験する都道府県により異なる

調理師試験の受験者数・合格率

合格率は60%~70%程

調理師試験の難易度

受験する都道府県により試験問題が異なるので何とも言えませんが、数ヶ月の勉強期間で十分合格可能なのでそれほど難しい試験ではありません。

調理師試験の勉強法

独学で勉強する場合は、過去問や模擬問題集を中心に勉強して試験の傾向を掴むと良いでしょう。

独学での取得が不安な方は、社団法人日本調理師会が主催している事前講習会や通信教育を受講するのも一つの手です。

調理師試験のお勧めテキスト

過去問と予想模試が2回分付いていてお得

重要ポイントがコンパクトにまとめられている

イラストや図解が多くて分かりやすい

テキストの売れ筋ランキング

調理師試験の通信講座

資格を活かせる仕事

一般的には、飲食店での調理師として活躍することができます。その他にも、学校や病院、企業内での食堂や民宿など、活躍できる場所は無数にあります。

食べることは国民全員が毎日行うことなので、それだけ需要が多いと言えるでしょう。

調理師の収入

調理師の収入は、職場により大きく異なりますが、一般の会社員に比べてそれほど高くありません。

独立開業することも可能ですが、ライバルも多いため、その中で成功できる人は、ほんの一握りと言って良いでしょう。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる