食品衛生責任者試験の難易度・合格率・試験日など

食品の製造や加工、調理や販売を行う場合、衛生管理を行って安全な食品を提供するため、食品衛生責任者という国家資格が必要になります。

食品衛生責任者養成講習会を受講し、修了試験を受けることによって取得が可能であり、衛生法規や公衆衛生学、食品衛生学が出題されます。試験はほぼ100%合格できるし、1日で取得可能なので、時間がない方、学力に自信の無い方でも安心です。

栄養士や調理師などの資格を持っている場合はこの講習を受講する必要はありません。講習そのものは毎月実施されていますが、都道府県によって日時が異なります。

現役の高校生は受験ができませんが、17歳以上であれば受験資格があります。講習は衛生法規が2時間、公衆衛生学が1時間、食品衛生学が3時間となり、試験に合格した後は修了証を行政機関に提示することで資格を得ることができます。詳しくは各都道府県の保健所や食品衛生協会にてお問い合わせください。

店舗などに掲示する場合、食品衛生責任者の名札を購入することも可能です。また、資格を取得した後も定期的に講習を受講しなければいけない地域もあります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名食品衛生責任者
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別公的資格(業務独占資格)
ジャンル料理・食材
資格区分なし
受験資格基本的に誰でも受験できます(各都道府県により異なる)
講習日程都道府県により異なる
試験場所全国各地
試験内容講習後の簡単な筆記テストのみ
受験料都道府県により異なる(およそ一万円)
登録・更新営業許可の更新時に「食品衛生責任者実務講習会」を受講する必要がある
口コミ1件口コミ投稿
問い合わせ各都道府県の保健所や食品衛生協会
関連資格

講習内容

  • 衛生法規(2時間)
  • 公衆衛生学(1時間)
  • 食品衛生学(3時間)
  • 小テスト

資格を取得しなくて食品衛生責任者になれる資格

医師、歯科医師、薬剤師、獣医師等、栄養士、管理栄養士、調理師、船舶料理士、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、食品衛生管理者、食品衛生指導員(経験者)、食品衛生監視員

受験者数・合格率

合格率はほぼ100%

試験の難易度

講習実施後に簡単な小テストが実施されますが、講習をキチンと受講していればほぼ合格可能なので、難易度としては相当低いです。

試験の勉強法

特に対策の必要はありません。

資格を活かせる仕事

食べ物を調理し、お客さまへ提供する飲食店や喫茶店などでは、食品衛生責任者の資格を有している者を定めることが義務付けられています。

そのため、この資格を有していれば、それらの飲食業界などへの就職に有利となります。

また、乳類や魚介類、食肉類などを販売する場所においても、食品衛生責任者を一人以上おくことが義務化されています。そのため、これらを販売、卸売りをする施設などへの就職にも活かすことができます。

他にも、食品を扱うメーカーにおいても、この資格があると有利に働くこともあります。そして、どこかの施設に就職をするだけではなく、飲食店の開業や設置などにも、この資格を活かすことができます。

食べ物を提供する自分のお店を持ちたいと考えている方には、必須の資格となります。食品にまつわる施設に携わる人は、この資格を取得することが多いので、講習会や資格の学校では人気のある資格です。

そのため、この資格を取得するための指導者としての需要も期待できます。

受験者の口コミ

取得自体は大変容易な資格です。食品衛生責任者養成講習を1日受講して取得します。(食品衛生責任者という資格ではなく、その任用資格です)全国各都道府県の食品衛生協会が講習を実施していますが、どこの開催地で受講しても、修了証は全国で有効です。実際には飲食店を開業する場合などに必要なため、必要に迫られ取得される方が多いと思います。地域によっては、高校生以下は受講できない場合もありますが、飲食店でアルバイトをされている方や、将来食品関係の職に就きたい方、調理や製菓の専門学校に通われている方が勉強のため取得するのもいいと思います。(10代男性 高校生) [2017年12月30日]
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

料理・食材の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました