ビアアドバイザー試験の難易度・合格率・試験日など

料理・食材の資格

大人の嗜好品である「ビール」に関する正しい知識を身に付ける為に設立されたビアアドバイザーは、「ビア&スピリッツアドバイザー協会」が実施している講習を受講して認定試験に合格して、認定手続きを行うことにより取得することができます。

主にこの食事にはこのビールがいいとか、このビールにはこの器がいいといった類のコーディネイトやアドバイスを行ったりします。必要とされるスキルは、利きビールなどのテイスティング力これによってビールの劣化なども見極めることができます。そのほかにも、醸造方法や、酵母、製法等々の基礎知識力などを勉強することになります。

多種多様なビールが販売され、以前より多く流通している現在、この資格を活かせる場面も確実に多くなってきたように感じる。事実私の知り合いにも取得者がおり、彼のうんちくのおかげで緊張した場が和んだこともあるので、会社の飲み会の席や、忘年会のワンシーンで怪訝な顔つきでビールを見ている人がいたらここぞと、うんちくをひけらかすのもいいかもしれませんね。

資格取得には、在宅から課題提出または映像勉強後に試験会場で受験することで気軽に取ることができるのも嬉しいです。認定されると、認証書などがもらえます。

資格を取得することで、ビールに関するコーディネートやアドバイスができる他、商品開発に活かせたり、ビールと料理の組み合わせを提案したり、適した酒器を選ぶなど、プライベートでも活かすことができます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 ビアアドバイザー
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 20歳以上
試験場所 東京、名古屋、大阪、広島、福岡
試験方法 【1次試験】筆記試験
【2次試験】筆記試験
【3次試験】ティスティング
【4次試験】筆記試験
免除科目
合格基準 不明
受験料 40,000円~(受講スタイルにより異なります)
登録・更新 認定料25,000円、入会金19,000円、初年度年会費15.900円が必要。
※学割・シニア・FBO認定会員・ナビゲーター取得者・割引あり
問い合わせ ビア&スピリッツアドバイザー協会
関連資格
  • 日本酒検定(日本酒に精通している1級~初心者でも気軽に受験できる10級まで幅広い区分)
  • 日本ビール検定(第3回試験までで累計1万人以上が受験)
  • ソムリエ(シニアソムリエとマスターソムリエもある)
  • ウイスキー検定(高齢者だけではなく20代~30代の若者にも人気のある資格)

料理・食材の資格一覧

試験日程

5月~8月

受講内容

【もてなしの基】
真のプロフェッショナルが持つべき7つの能力や知識・技能

【食品・飲料の基礎知識】
食品・飲料の語源、各商品の効果的な分類方法と商品特性、発酵/食品・飲料の保存管理

【食品・飲料の文化】
食品・飲料の歴史、世界各国の食文化、接客サービスと日本文化

【テイスティング】
テイスティング

【マネジメント】
飲食、サービス業の価値を高めるために、セールスプロモ−ションの基本

【ビール学習の要点】
ビールとは

【ビールの歴史】
欧州におけるビール史、アメリカのビール史、日本のビール史、アジアのビール史

【ビールの原料と製法】
ビールの原料、ビールの製法

【各国ビールの特徴】
ヨーロッパのビール、アメリカ大陸のビール、アジア・オセアニア・アフリカのビール

【ビールのテイスティング】
品質の評価、個性の認識、テイスティング模範コメント例

【ビールのサービス・プロモーション】
ビールのサービス、ビールのプロモーション

試験内容

【1次試験(筆記試験)】
食品・酒類全般の基礎知識

【2次試験(筆記試験)】
ビールに関する基礎知識と専門知識

【3次試験(ティスティング)】
ビールの香味特性の把握と、提供方法考案

【4次試験(筆記試験)】
ビールのサービス、プロモーションに関する設問

受験者数・合格率

合格率は70%程

試験の難易度

趣味レベルの資格なのでそれほど難しい試験ではありません。

試験の勉強

ビアアドバイザー 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

飲食業界で活躍することが可能です。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事