ソムリエ試験の難易度・合格率・試験日など

ソムリエとは、レストランなどでワインを提供するプロフェッショナルで、ワインの品質管理、料理に合うワインを選択したり、サービスを行う仕事で、メディアなどで取り上げられることも多く、人気のある職業の一つです。

現在、日本ソムリエ協会が実施している資格には、3種類の資格があり、ワインエキスパート、SAKE DIPLOMAと並んでソムリエがある。ソムリエとはレストランでワインを選ぶ手助けをするワイン専門の職業で、ワイングラスを片手に、ワインを少量口に含んでテイスティングする姿は非常に気品が感じられますね。

試験は年間で一度行われ、筆記試験による1次試験と、実技試験による2次試験に分かれており、両方に合格することで取得することができます。

またソムリエ試験を受験するには、アルコール飲料を提供する飲食店での勤務などの事前に必要とされる条件があるので注意が必要です。

ソムリエよりもさらにグレードの高いシニアソムリエ、マスターソムリエとランクアップすることもできマスターソムリエの資格保持者は世界中にも300人程度しかいません。

ちなみに本家のイタリアでの試験は筆記、口頭試問、テイスティング食べ物の食べ合わせのなどの試験が行われます。

有資格者には金色のブドウに象られた認定バッジが発行される。つけることが許されます。

スポンサーリンク

ソムリエ試験とは

資格名ソムリエ
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル料理・食材
資格区分なし
受験資格・5年以上のワインなどのアルコール飲料を提供する飲食サービス業を経験
・3年以上の飲食サービス業を経験し、日本ソムリエ協会会員として満3年が経ち、今も従事している
上記のいずれかをクリア+満20歳以上
試験日程年1回実施
試験場所全国各地
試験内容【1次試験】筆記試験
【2次試験】きき酒、実技
免除科目
合格点不明
受験料25,440円~
登録・更新日本ソムリエ協会に入会(任意)。入会金10,000円。年会費も必要
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般財団法人 日本ソムリエ協会
関連資格

ソムリエ試験の試験日

【試験日】
<1次試験>8月下旬
<2次試験>9月下旬

【申込期間】
6月下旬ごろまで

【合格発表】
試験の約2週間後を目途に発表

ソムリエ試験の試験内容

1次試験

公衆衛生の知識、ワインを含む飲料の必須知識

2次試験

サービス実技、資質

ソムリエ試験の受験者数・合格率

合格率は40%程

ソムリエ試験の難易度

それなりに難しいです。

ソムリエ試験の勉強法

ソムリエ 勉強法

資格を活かせる仕事

ソムリエの資格を持っていると、ワインを扱っている飲食店やホテルなどへの就職に有利になります。

ソムリエは、ワインの知識だけでは勤まりません。なぜなら、ソムリエの仕事は、料理に合ったワインを提案するだけではないからです。

その人の好み、その時の気候、その時の機嫌など、あらゆる角度から、その時に合ったワインをチョイスし、提案をしなくてはなりません。ですから、ソムリエは、人の行動や顔などをみて、瞬時にさまざまなことを察する技術も身に付けることができます。

人の気持ちをくみ取れる技術が身に付けば、ソムリエ以外の仕事に転職する際の面接にも役に立てることができます。

また、ソムリエの資格を持っていれば、ワインの産地や、味わい、入荷方法や保管方法、品質管理などの知識も豊富ですので、ワインを取り扱っている企業への就職にも活かせることができます。

新たなワインを開拓したり、新商品の開発などの仕事にもこの資格を活かすことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

料理・食材の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました