テレワーク検定試験の難易度・合格率・試験日など

テレワークとは、会社に出社せず、通信機器を使って仕事をする事です。自宅で仕事をする在宅型と社外で移動しながら働くモバイル型の2つの働き方があります。現在は労働人口が減っており、企業も優秀な人材を求めていますが、例えば小さな子がいる、介護者を抱えている等、出社出来ない状況の人も増えています。

それをカバーする為に、時間や場所を選ばずに仕事が出来るテレワークが生まれました。

在宅勤務だけでなく、サテライトオフィスなどでパソコンなどを使いながら勤務するスタイルもテレワークに含みます。

テレワーク検定とは、一般社団法人エコペーパーレス協議会が行っている検定です。いつかテレワークで働きたいと思っている人や、すでにテレワークを行っている人に適している検定です。

Eラーニング検定なので、試験会場に行かずに受講できます。専用サイトで教材をダウンロードしてから学習し、さらにドリルで知識を確認します。最後に検定テストを受けて、合格すると合格証を入手できます。

検定の内容は、テレワークの働き方やメリット、心構えやセキュリティ対策などになっています。安全に効率よくテレワークを行うために基本的な知識を身に着けることになります。

今後、テレワークで働く人が増加していくと予想されているので、新しい働き方の準備にもなりますね。

スポンサーリンク

テレワーク検定とは

資格名テレワーク検定
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルサービス・販売
資格区分なし
受験資格なし(個人での受講は不可)
試験日程随時実施
試験場所会社など
免除科目
合格点
受験料3,240円(税込)
受験データ受験者数・合格率共に非公開
勉強法Eラーニングで教材が揃っているので、特に対策を立てる必要はない
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人エコ・ペーパーレス協議
関連資格コンタクトセンター検定サービス接遇検定ビジネス心理検定ビジネス能力検定ジョブパス

テレワーク検定の流れ

  1. 検定(Eラーニング)専用サイトにアクセス
  2. 教材学習と確認ドリル実施
  3. 検定テスト実施

確認テストは何度でも受験できます。

難易度

Eラーニングで受講して試験にチャレンジしますが、試験は何度も受験することができるのでメチャ簡単だと思われます。

落とすための試験ではありませんので、難易度としてはかなり低いです。

資格を活かせる仕事

テレワーク検定は、現在は企業単位での受講申込となっていますので、新卒者は受験することは出来ません。(アルバイト先で試験を実施していれば可能かもしれませんが)

今後テレワークの導入を考えている経営者や、人事担当者にとっては、今後の働き方の改革を見据えての利用となります。柔軟な働き方ができるように企業側が対応するためには、テレワークの基盤を整えておくことが欠かせなくなってくることを考えると、

テレワーク検定は準備のひとつとして有効な検定です。テレワークを導入する企業は増えており、テレワーク検定も社内の改革や、優秀な人材の採用・マネージメントに役立つことが期待されています。テレワーク検定の合格は、今後テレワークで働くときに、基本的な知識や心構えが身についている証明になります。

取得によって、今後所属している企業でテレワークで働くことになったときにスムーズに変化に対応することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

サービス・販売の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました