コンタクトセンター検定試験(コン検)の難易度・合格率・試験日など

コンタクトセンター検定は、一般社団法人日本コンタクトセンター教育検定協会が実施している検定試験です。コンタクトセンターなどで使える顧客対応力と実践力があることを証明します。

名称だけみると1つの資格を指す検定試験のようですが、実際は、プロフェッショナル資格が3つ、オペレーション資格が3つからなる検定試験です。

一番最初のオペレーション資格「エントリー」は学生や仕事に就いたばかりの方向けなのですが、一番上のプロフェッショナル資格「コンタクトセンターアーキテクチャ」はコンタクトセンターの業務の構築そのものにかかわる方向けとなっています。

また、オペレーション資格の3つは試験に合格すれば自動的に資格認定がされますが、プロフェッショナル資格は試験合格後、認定申請をする必要があり、認定を継続させるためには3年ごとに更新をする必要があります。

コンタクトセンターでの業務は大変なことも多いです。このような資格を持っていると、いざという時に冷静な対応ができるだけでなく、自信にもつながるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コンタクトセンター検定とは

資格名コンタクトセンター検定試験(コン検)
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルサービス・販売
資格区分オペレーションレベル(エントリー・オペレーター・スーパーバイザー)
プロフェッショナルレベル(オペレーションマネジメント・コンタクトセンターアーキテクチャ・カスタマーサービス)
受験資格なし
試験日程受験地により異なる
試験場所全国各地
試験内容【エントリー・オペレーター・スーパーバイザー】
CBT形式(選択問題)
【オペレーションマネジメント・コンタクトセンターアーキテクチャ】
ペーパー試験(選択問題・記述問題)
免除科目
合格点【エントリー・オペレーター・スーパーバイザー】
スコア500以上
【オペレーションマネジメント・コンタクトセンターアーキテクチャ】
スコア500以上+記述式で素点正答率78%以上
受験料HP内でご確認ください
登録・更新プロフェッショナルは3年毎の更新が必要。業務経験等の申請による認定が必要。更新審査手数料は10,800円
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人日本コンタクトセンター教育検定協会
関連資格ビジネス電話検定テレワーク検定サービス接遇検定セールススキル検定

試験内容

エントリー試験

コンタクトセンターについての基礎知識、マナーと心構え、お客様対応に必要なスキル、お客様対応に必要な基礎知識、お客様対応を支えるシステムとマネジメント

オペレーター試験

コンタクトセンター戦略・監査、カスタマーサービス、運営、構築、ベース

スーパーバイザー試験

コンタクトセンター戦略・監査、カスタマーサービス、運営、構築、ベース

オペレーションマネジメント試験

コンタクトセンター戦略・監査、カスタマーサービス、運営、構築、ベース

 コンタクトセンターアーキテクチャ試験

コンタクトセンター戦略・監査、カスタマーサービス、運営、構築、ベース(試験に合格後、認定申請が必要)

受験者数・合格率

プロフェッショナルの合格率は50%程、オペレーションは80%程。

難易度

試験の対象者として、

  • エントリー:実務経験なし
  • オペレーター:実務経験1~3年
  • スーパーバイザー:実務経験3年以上
  • オペレーションマネジメント:実務経験5年以上
  • コンタクトセンターアーキテクチャカスタマーサービス:実務経験5年以上
  • カスタマーサービス:実務経験5年以上

となっています。

勉強法

日本コンタクトセンター教育検定協会のHP内に公式テキストが販売されているので、そちらのテキストを使って勉強を進めて下さい。

サンプル問題も掲載されているので、まずはチャレンジしてみて下さい。

定期的に対策講座も実施しているので、独学での取得に自身の無い方は検討してみて下さい。

就職で活かせる仕事なのか

一般企業の顧客対応やコールセンターなど活躍できる場は多いです。

リコージャパン株式会社や株式会社インテリジェンスなど、コンタクトセンター検定を導入している企業が増えてきており、企業の注目度も高まっている資格の一つと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

サービス・販売の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました