パソコン整備士試験の難易度・合格率・日程など

資格名 パソコン整備士
評価【3級】
資格種別 民間資格
資格法令 なし
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 誰でも受験できます(但し飛び級はできない)
試験場所 47都道府県(160会場)
試験日程 随時
申込期間 随時
受験料 6,480円(全級共通)
問い合わせ先 特定非営利活動法人パソコン整備士協会
スポンサーリンク

概要

パソコン整備士は、特定非営利活動法人パソコン整備士協会が実施ししている検定です。

受験級は1級から3級まであり、2級には3級合格、1級には2級合格が必須です。

個人受検だけでなく、団体受検を行っています。3級は個人、2級は家庭、1級では企業内での利用というように、パソコン初心者から上級者まで成功体験を踏まえて、段階的に知識を増やしていくことができます。

また、身につけた知識をすぐに活用できるというのもこの資格の特徴です。試験は公民館やパソコン教室など様々なところで随時実施されています。

資格取得後は、パソコン関連企業におけるユーザサポート要員や、インストラクター、小中校における情報教育担当などが活躍の場として考えられます。

ただし、協会自体は仕事の斡旋などはしておらず、パソコン整備士を名乗るには、パソコン整備士協会に所属している必要があります。

一般の方は、2年間、会費を納めなかったら、資格は喪失します。

学生の方であれば会費免除制度もあるので要確認です。

試験内容

試験方法 多肢選択式
問題数 80問
試験時間 90分

出題範囲

1級

  • サーバの役割
  • サーバ導入時の考慮点
  • サーバ運用時の留意点
  • ネットワーク機器
  • 管理ツールによるネットワーク管理
  • 障害の切り分け
  • 個人情報保護に関するガイドライン、法律、制度

など・・・

2級

  • 動作原理と構成
  • 周辺機器の構成
  • アプリケーションのインストール
  • IPアドレスとは
  • メールソフトの設定
  • セキュリティ被害の危険性
  • ハードウェアに関するトラブル事例と対策方法
  • 知的所有権
  • 著作権

など・・・

3級

  • パソコンの種類
  • OSの基礎知識
  • Windowsの歴史
  • パソコンのネットワーク設定方法
  • Webサイトやメールを介した詐欺への対策
  • ソフトウェアのトラブル
  • 個人情報保護法

など・・・

合格基準

1級

80問中64問以上の正解

2級

80問中56問以上の正解

3級

80問中56問以上の正解

免除科目

なし

受験者数・合格率

2015年

実施時期 受験者数 合格率
1級 91人 12.1%
2級 1,197人 42.5%
3級 1,901人 82.5%

試験の難易度

受験対象者として、

  • 1級はIT基盤エンジニアを目指している、会社でIT化を任されている社員が対象。
  • 2級はパソコン修理・サポートに関わる方、情報システム部門に配属された新人社員、ネットワークを習得したい一般の方が対象。
  • 3級はパソコンを自由に操作したい方、非IT系の学生・職種、シニア世代でITの基礎を学びたい方が対象。

となっています。

試験の勉強

各級に対応した公式テキストがあるので、そちらをメインに勉強して下さい。

ちなみに公式テキストの内容から、1級と2級は70%、3級は80%の割合で出題されるので、公式テキストの内容をキチンと理解しておけば合格はもう目の前です。

勉強法 準備中
テキスト ・1級「システム基盤の基礎
・2級「パソコンのハードウェアとネットワークの基礎
・3級「パソコンの基礎

資格を活かせる仕事

IT関係企業で活躍を期待できる他、パソコンの基礎を学ぶことができるので一般企業でも活かすことができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年02月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク