簿記能力検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 簿記能力検定
評価【3級】
資格種別 公的資格
資格法令
資格区分 上級、1級(会計・工業簿記)、2級、3級、4級
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験
試験場所 全国各地
試験日程 上級:2月・7月
1級~4級:2月・7月・11月
申込期間 試験の約1ヶ月前まで
合格発表 上級:試験の約2か月後を目途に発表
1級~4級:試験の約1週間後を目途に発表
受験料 上級:7,500円
1級:2,200円
2級:1,700円
3級:1,400円
4級:1,200円
問い合わせ先 公益社団法人 全国経理教育協会
スポンサーリンク

概要

簿記能力検定とは、「全国経理教育協会」が実施している検定試験で、企業で経理事務を担当しようとしている人があ多数受験している資格になります。優れた簿記能力・経理能力は、企業側にとって常に求められているスキルになりますので、資格を取得すれば就職の際には心強いスキルとなります。

試験は、「上級」「1級(会計)」「1級(工業簿記)」「2級」「3級」「4級」の5つの区分に分かれており、どの区分からでもチャレンジすることができます。

商工会議所が実施している日商簿記検定に比べると知名度が低く、難易度も低いので、取得するのであれば、まずは日商簿記検定を受験することをオススメします。

試験内容

上級(3時間)

商業簿記、会計学、工業簿記及び原価計算について高度な知識を有し、併せて複雑な実務処理能力を有する

  • 商業簿記・会計学(1.5時間)
  • 工業簿記・原価計算(1.5時間)

1級(3時間)

商企業及び工企業における経理責任者として必要な商業簿記及び工業簿記に関する知識を有し、かつ高度な実務処理ができる

  • 会計(1.5時間)
  • 工業簿記(1.5時間)

2級(1.5時間)

個人企業及び法人企業の経理担当者又は経理事務員として必要な商業簿記に関する知識を有し、かつ実務処理ができる

  • 商業簿記(1.5時間)

3級(1.5時間)

小規模企業における経営者又は経理担当者として、最低限必要な簿記に関する知識を有し、かつ簡易な実務処理ができる

  • 商業簿記(1.5時間)

4級(1.5時間)

簿記の基礎的な知識を有し、特にサービス等における基本的な記帳処理ができる

  • 商業簿記(1.5時間)

免除科目

なし

合格基準

各級とも1科目100点満点とし、全科目得点70点以上

(上級は、各科目の得点が40点以上で全4科目の合計得点が280点以上)

受験者数・合格率

上級

実施時期 受験者数 合格率
2016年7月 2,133人 17.77%

1級(会計)

実施時期 受験者数 合格率
2016年11月 624人 50.80%
2016年7月 879人 51.65%
2016年5月 463人 41.25%

1級(工簿)

実施時期 受験者数 合格率
2016年11月 890人 39.78%
2016年7月 828人 56.88%
2016年5月 379人 23.48%

2級

実施時期 受験者数 合格率
2016年11月 4,396人 36.08%
2016年7月 3,049人 49.59%
2016年5月 1,553人 44.75%

3級

実施時期 受験者数 合格率
2016年11月 9,922人 80.11%
2016年7月 6,251人 75.43%
2016年5月 1,535人 76.22%

4級

実施時期 受験者数 合格率
2016年11月 1,861人 67.11%
2016年7月 2,321人 67.82%
2016年5月 159人 79,87%

試験の難易度

日商簿記と比較すると、日商簿記1級と全経上級が同等レベルの難易度になります。

試験の勉強

日商簿記に比べるとテキスト量は圧倒的に少ないですが、一応公式テキストが存在するので、そちらのテキストと過去問を徹底的にこなすことが合格までの一番の近道だと思います。

1級までは独学でも取得可能ですが、上級は一気にレベルが上がるので通信スクールや予備校に通った方が良いかもしれませんね。

勉強法 簿記能力検定 勉強法
テキスト 簿記能力検定 テキスト
問題集 簿記能力検定 過去問

通信講座の紹介

たのまなの「簿記検定2・3級講座」では、経理事務に必要な会計知識の基礎から学ぶことかできるので、これから簿記の勉強をしたい方にお勧めの通信講座です。

簿記に関しては数多くのスクールで講座を行っているので、費用や取得までの期間、テキストの内容などを考慮して自分に合った講座を選択して下さい。

資格講座の比較検討をする

資格を活かせる仕事

日商簿記と同様に企業の経理課であったり、税理士事務所の職員として活躍することが可能です。

但し、日商簿記に比べると認知度が圧倒的に低いので、同じクラス(日商1級と全経上級など)で比較すると就職や転職に有利なのは日商です。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★☆☆3

神奈川大学卒の介護職員 30代男性(会社員)
2017年2月28日

日商簿記もあわせて取りましょう
2級学生時代に全経1級取りましたがやっぱり「日商簿記はとらないの?」って聞かれました。
全経1級までなら日商簿記2級の方が圧倒的にニーズありますね。
でも日商簿記は引っ掛け問題多く全経は割と素直な問題な上に1級は科目合格制度を採用するなど取りやすい配慮を取ってるので力試しや日商落ちたときの保険としては機能すると思います。
上級なら単体でも強いでしょうし。
※2017年02月28日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク